W杯日記

2010年07月04日

昨夜見逃したウルグアイ−ガーナ戦。ハイライト映像で何度も見た延長後半ロスタイムからの攻防は、まさに激闘! ウルグアイのスアレスのハンドがチームをベスト4に導いたわけだが、待ち受けるオランダにとっては、彼の出場停止は幸運にも思えた。

さて今夜は、準々決勝もう一つの好カード、アルゼンチン−ドイツ戦。かねてからアンチ・ドイツを標榜する私にとっては、アルゼンチンのメッシ&マラドーナの躍進に胸を躍らせるのであった。 

2010 FIFA W杯 南アフリカ大会
準々決勝
アルゼンチン 0−4 ドイツ(@ケープタウン/グリーンポイント)


ところが試合は、開始3分にセットプレイからドイツが先制――いきなり現実を突き付けられる。

あまり認めたくはないのだが、今大会のドイツは、これまでの堅実一辺倒(だからこそ私はアンチ・ドイツなのだが)から脱却し、若さとスピードを兼ね備えた好チームになっている。予選リーグではセルビアに足元を掬われたとはいえ、そのサッカーのクオリティの高さは先のイングランド戦でも実証済みだ。

アルゼンチンには勝って欲しいと願っていた。だが一方で、現実的な力量から見るに勝てないのではないかとも思っていた。試合開始わずか3分で、そんな希望(願望)が崩れることになるとは……。

それでも、アルゼンチンはそこから盛り返し、試合は拮抗したものになった。アルゼンチンは、テベスが猛牛のように走りまくり、そしてメッシにボールが渡ると一気に期待が膨らむ。対するドイツもカウンターから効果的な攻撃を何度も繰り出す――期待の好カードに相応しい好ゲームとなった。

ドイツ1点リードのまま折り返した後半、アルゼンチンはさらに圧力を強めた印象。いつ切り崩してくれるのか――淡い期待もあったが、こちらは伝統通りの堅実なドイツの守備を破るには、何かが足りないようにも思えた。

アルゼンチンは、右サイドからディマリアが切り崩してシュートというシーンが何度かあったが、それ以外はどうもメッシを意識し過ぎているように見えた。ドイツは当然メッシを一番警戒してくるわけで、そのメッシを経由しないアイディアがアルゼンチンには欠けていたように思えてならない。このアイディアの不足により、アルゼンチンの同点ゴールは次第に遠のいてしまったのか……。

アルゼンチンの攻撃が手詰まり感を見せ始め、そしてドイツのスピード感溢れるショート・カウンター発動! 2−0、3−0、4−0――あっという間に試合はドイツのものとなってしまった。

アルゼンチンのシステム的には、左サイドバックのエインセと、2点差となった直後に投入されたパストレが全然機能していないように見えた。交代枠を1人残しての敗戦――ドイツにお株を完全に奪われ、この試合では魅せ場のなかったマラドーナ監督にそこまで望むのは酷なのかもしれない(個人的にはCLで活躍したインテルのディエゴ・ミリートをもっと見たかったのだが)。

後半のドイツのゴールラッシュに、茫然となるマラドーナ監督、スタジアムに詰め掛けたアルゼンチン・サポーター、そして私自身。これが現実であり、実力差であることは頭の隅で分かってはいたが、マラドーナ&メッシの夢のようなサッカーが潰えてしまったことで、このW杯の魅力もまた一つ消えてしまったのであった……。

蒸し暑い深夜、自室に戻り、エアコンをかけ、部屋の温度と私の気持ちとを覚ます。迷っていたが、何とかPCに向かい、一気にキーボードを叩く。それは、あと1時間後に迫ったスペイン戦に向けて、気持ちを切り替えるための作業でもあった。


miyanofu1204 at 02:32コメント(0)トラックバック(1) 

2010年07月03日

W杯もいよいよベスト8の戦い――準々決勝へと突入。トーナメント戦においては一番面白いと言われる準々決勝――日本がその前に敗れ去ったことで、これで心置きなく純粋にハイレベルな戦いを楽しむことができる!

2010 FIFA W杯 南アフリカ大会
準々決勝
オランダ 2−1 ブラジル(@ポートエリザベス/ネルソン・マンデラ・ベイ)


その準々決勝第1試合は、いきなりオランダ−ブラジルという絶好のカード! 試合前からの雰囲気があまりに違い過ぎる!

そこは、「これぞW杯!」と言える別世界だ。これまで日本の勝敗の趨勢に一喜一憂していた自分が恥ずかしくなるほどの、あまりにハイ・クオリティな別世界が広がっていた!

試合は前半10分にロビーニョのゴールでブラジルがいきなり先制! オランダの勝利を願う私にとっては、そのあまりのスピードの違いに愕然とする。オランダに勝って欲しいことは希望的観測に過ぎず、現実としてはやはりブラジルが一枚上手なのか。

ブラジルは、守備陣もインテル勢(!)を中心にあまりに堅固。それに注目のエース、カカがトップフォームには程遠い状態に見えても、チーム全体としてこれだけの水準を保てるのだから、さすがと思わせる前半だった。

一方のオランダは、これまでのゲームでもそうであったが、華麗なパスワークと言うよりは、ドリブル&パワーの推進力でゴールに迫る印象。ブラジルに対して手詰まり感もあったが、後半早々に幸運なオウンゴールで勢い付く! ブラジルを倒す目が出てきた。

オランダの逆転ゴールは後半23分。右CKからカイト→スナイデルのヘッド! オランダはセットプレイからの2ゴール――言い換えれば、ブラジルはそこに難があったと言うことか。

オランダ逆転劇から数分後、今度はブラジルのフェリペ・メロが、オランダのロッベンを踏ん付けて一発退場。それでもブラジルは数的不利を感じさせないプレイで同点を狙い、オランダも追加点の決定機が何度か訪れる。

ラストの15分は、その両者の均衡がある意味保たれた見応えのある攻防。ゲームは動かず、試合終了のホイッスルが鳴り響いた。

オランダはブラジルに歴史的勝利! 次の対戦カード(ウルグアイ―ガーナ)から鑑みるに、オランダの決勝進出が確約されたかのような勝利でもあった!

こんな好ゲーム、そしてW杯史上に残る歴史を見ることができるなんて! W杯を楽しむ上での最高の至福である。

日本時間の深夜に行われる準々決勝・第2試合は、ウルグアイ−ガーナ。いずれにせよ次の準決勝ではオランダを応援することになるのだから、このカードは見なくても良いと判断し、就寝。

一方明日の2試合は、アルゼンチン−ドイツに、パラグアイ−スペイン。これはどちらも見るぞ! こちらの準決勝希望カードは、アルゼンチン−スペイン! そんな夢のようなカードを、南アフリカW杯は見せてくれるのだろうか……。


miyanofu1204 at 14:00コメント(0)トラックバック(0) 

2010年07月02日

いつもの様に「Number」を発売日に購入し、パラグアイ―日本戦に控える。

試合前に、冒頭の幾つかの記事を流し読む。

勝っても批判されるチームがあり、負けても称賛されるチームが、サッカーには存在する。ただ、勝利によって得られるものは間違いなくあり、これほどまで守備に徹するチームが大会で他に見当たらないとすれば、それを“日本らしさ”と言うことができる。岡田監督の示す価値観が、日本サッカーにとって真に目指すべき方向性なのかどうかは、このチームが動きを止めたときに改めて議論したい。

何、この弱腰な論調――本当に辟易する。もう何度も書いているが、私が個人的に好むサッカーは、内容を伴った見ていて面白いサッカー。理念無き日本サッカー協会の在り方と、理想を断念したあまりに守備的な岡田監督のサッカーとには、どうにも納得ができない。

そんな日本のサッカーは、早々に消え去るべきだ――大会前の批判的な論調はどこ吹く風、途端に盛り上がるメディアの様相を目の当たりにし、大会前からアンチ岡田ジャパンを標榜する私のそんな思いはより一層強いものとなった。

もちろん、頑張っている日本代表の選手や、純粋に彼らの勝利を願うファンを否定するつもりはない。私の観点は常にメディア批判――前述した様な、事の本質を突こうとせず、勝てば官軍的な報道の在り方に辟易され続けてきたからだ(結局はまた今回も何も変わりそうもないのだが……)。

−日本サッカー(メディア)最大の危機[2010-05-09]
http://blog.livedoor.jp/miyanofu1204/archives/1369767.html

そんな私にとって、グループステージ突破を賭けたデンマーク戦は、嫌な予感(即ち日本が勝ちそうな雰囲気)がしていた。勢いに乗る日本に対して、それまでのデンマークに従来の魅力が感じられなかったからだ。一方このパラグアイ戦――どこか楽観視している自分がいた。

私の観戦歴の経験上、グループステージでそれなりの運を味方に付けた日本には、もう幸運が巡ってくることは無いと見ていた。カメルーン戦での先制点、オランダ戦で追加点を逃れた点、そしてデンマーク戦での本田のFK――ある意味では相手のミスに助けられた運だ。

また現実的にも、日本お得意のホームでの親善試合ならともかく、W杯の決勝トーナメントという舞台においては、パラグアイの壁は越えられないだろうと見ていた。試合は結果的にPK戦に突入したわけだが、今大会当たっている(ように見える)日本のGK川島をもってしても、パラグアイの老獪さにやられるだろうと、私は意外に冷静であった。

それに少し話は逸れるが、ここ数年で私がTV観戦したEUROやチャンピオンズ・リーグの試合に於いて、PK戦ではコイントスで勝ったチームが勝利している。今回、コイントスに勝って選択権を得たのはパラグアイ――この瞬間、私はパラグアイの勝利を半ば確信していた!

−EURO2008観戦記(14)[2008-06-23]
http://blog.livedoor.jp/miyanofu1204/archives/849360.html

2010 FIFA W杯 南アフリカ大会
決勝トーナメント1回戦
パラグアイ 0−0 (PK5−3) 日本(@プレトリア/ロフタス・バースフェルド)


日本は惜しくも敗れ、決勝トーナメント1回戦敗退。そして昨夜、代表チームは日本に帰国。繰り返すが、彼らに対するファンの声援を批判するつもりは無い。一方で、メディアの反応は予想通りだ。

岡田監督は「日本の魂を持って戦ってくれた」と選手たちを称賛。実力的に劣る日本が、勝つために選択した守備的なサッカーという観点を否定はしない。だが、「日本の魂」だけでは今後に何も繋がらないのは明白。もっと戦術を語って欲しい。メディアにもそういう姿勢を望みたい。

一方、今大会で一躍代表の主役に踊り出た本田のこんなコメントを発見――私はようやく溜飲を下げた。

日本代表は02年日韓大会以来の決勝トーナメント進出。「よくやった」との声も聞かれる中、本田は日本の未来に危機感を募らせていた。チームは大会直前に細かくパスを回す理想を捨て、守備重視の戦術にシフト。耐えて、守って世界の強豪と渡り合ったが「今回はこういう戦い方になったけど、(本来は)内容にもこだわって勝ちにいかないといけない。オレが日本人でもパラグアイ人でもなければ、この試合は見ていない。ピッチに知ってる選手が誰もいないわけだから」と、技術レベルが低く、見どころの少ない試合だったことを強調した。

−号泣、そして危機感…本田、4年間で“日本変える”(@スポニチ)
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/07/01/05.html

これぞまさに正論! 選手、監督、そしてメディアには、この様な本音・本質をどんどん提示してもらいたい。その先にこそ、日本サッカーの正しい方向性が見えてくる。心から応援できる日本のサッカーがある。


miyanofu1204 at 02:06コメント(0)トラックバック(0) 

2010年06月29日

前夜のドイツ−イングランド戦や、来たる日本戦に比べ、穏かな心境で試合に臨むことができた――もちろんオランダの勝利を確信して。

2010 FIFA W杯 南アフリカ大会
決勝トーナメント1回戦
オランダ 2−1 スロバキア(@ダーバン/ダーバン)


オランダは、ロッベンが待望のスタメン&先制弾。前線に豊富なタレントを揃える一方で、今までのオランダにはないような堅実な守備。私のツイッター上には、試合前から終始楽観的なツイートが並んでいた。

スロバキアを危なげなく堅実に退けたオランダ――ベスト8で対戦するであろうは、おそらくはブラジル。本当にとんでもない戦いになりそうである!


miyanofu1204 at 22:26コメント(0)トラックバック(0) 

2010年06月28日

決勝トーナメント1回戦で最も楽しみだったカード。ドイツ−イングランド戦を、イングランド贔屓で楽しむ!

2010 FIFA W杯 南アフリカ大会
決勝トーナメント1回戦
ドイツ 4−1 イングランド(@ブルームフォンテーン/フリーステイト)


試合前から、ブブゼラの音以上に鳴り響く、イングランドサポーターの大コール。これぞW杯の雰囲気と、ひとり謁に入る。もはやお馴染みのイングランドサポーターのコール。 ちょうど8年前の2002年日韓W杯――舞台は同じ決勝T1回戦の、対デンマーク戦(@新潟)を生観戦できたことを思い出していた!

そんなイングランドへの希望的な感情とは裏腹に、試合はやはりドイツペース。前半20分と32分に連続ゴールで2−0。イングランドの余りにお粗末なディフェンスに、もはや呆れるしかなかった。この段階で既に諦めムード。やはりイングランドはイングランドであり、ドイツはドイツであると思っていたのだが……。

前半37分、イングランドのアップソンが自らのミスを取り返すヘディングシュートで反撃の狼煙1−2。直後、さらに攻勢に出るイングランドはランパードの絶妙ループ――ここでドラマは起きた!

もはや語るべくもない大誤審! TV画面で見ていた限り、リプレイ前は私にも判断がつかないくらいのスピードであったが、何と鮮明なリプレイ映像! イングランドが惜しかったというよりも、W杯史上に残る伝説・歴史を見ることができた興奮が勝っていた!

興奮冷めやらぬハーフタイム。イングランドはこの勢いでドイツを凌駕できるかのような雰囲気もあったが、後半はまたドイツペース――世紀の大誤審も霞んでしまうかのようなイングランドの不甲斐無さであった。

確かにドイツのスピードは凄い――新生ドイツを印象付けるかのようなプレイ。だがやはり、それ以上に本当に不甲斐無いイングランドのディフェンス陣。W杯のレベルにないんじゃないかと感じるくらいのやられ方であった。

カテナチオの国から名将カッペロを招聘しておきながら、このディフェンスの脆弱さはいったい何なのだろう。前半のランパードのゴールが正しく認められていたとしても、結果はあまり変わらなかっただろうな……。

この日は、午前3時半からのアルゼンチン−メキシコ戦も見ようかとも思っていたが、ドイツの勝利を経て潔く諦める。アルゼンチンの勝利を前提に、準々決勝のドイツ−アルゼンチン戦に全てを賭けたい!


miyanofu1204 at 22:23コメント(0)トラックバック(0) 
Jog Note
Total Access
  • 累計:

      (レイソルカラーで!)

Please Click Blog Rankking !
にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
レイソル情報満載!【ブログ村】

blogram投票ボタン
ブログ成分解析【blogram】
Twitter
Archives



hitachi_link

reysol[1]

reysolantennabanner150_44[1]

kasiwa
banner-t[1]