Book Review

2014年02月26日

サッカー関連の面白い指導理論本がある――と職場の先輩に薦められ、くアマゾンでノータイムポチリ(即購入!)しようとしたところ、似たような内容の本も見付けてインスピレーションを感じ、ジャケ買い。

さっそく後者の本から読み進めてみると、これが面白いの何のって、グイグイ惹き込まれて一気読み。大きな刺激を受けました! という訳でまず先に読了したのは、前川崎フロンターレU−12監督である高康嗣著『自ら考える子どもの育て方』(東邦出版)。


世界で通用するサッカー選手育成を目指せ! 「自ら考える」子どもの育て方

内容は、挨拶に始まる一連のサッカーの指導を通して子どもの自立を促す観点が満載。いや言い換えれば、社会的な自立を促す観点を意識したサッカーの指導こそが技術の向上にも繋がるということ――そう捉えるための指導者側の観点は非常に勉強になる。

今回自分はあくまで指導者側の立場として本書を読んだが、上記の観点を意識するための思考をより研ぎ澄ます必要性に駆られ、また同様に(まるで指導を受けたサッカー選手のように!?)より高い目標の実現に向かってアプローチする必要性に駆られる。これは指導書どころか、「自分磨き」のための完全なる自己啓発本である!

また本書の構成は、サッカーライターの江藤高志氏。巻末の簡単な「あとがき」に、なぜ本書が編まれたのかが書かれており、これもなるほどと納得。サッカー観戦の観点から見ると自分はこれまでトップカテゴリーの真剣勝負にしか興味がなかったが、ユース以下の試合にももう少し視野を広げてみようかなという気にもなった。

なお手元には、前述した未読の指導理論本があと2冊。それらを読み比べながら、自分の思考をより高めていく作業もまた楽しみである。


子どもが自ら考えて行動する力を引き出す 魔法のサッカーコーチング ボトムアップ理論で自立心を養う


「叱らない」育て方 (PHP文庫)


miyanofu1204 at 02:05コメント(0)トラックバック(0) 

2014年02月06日

昨年末にICI石井スポーツ登山本店@神田で見掛け、購入しておいた、吉村昭『高熱隧道』(新潮文庫)読了。


高熱隧道 (新潮文庫)

昭和初期の黒部発電所建設の実話を基にした小説は、立山や黒部周辺の山岳シーンも満載で山好きには読み応え充分!

この「高熱隧道」はもちろん、発電所建設のために資材を運搬した険しいトレイル――「日電歩道」や「水平歩道」も現存し、通れるとのこと。

来夏には絶対に行ってみたくなったぞ!


miyanofu1204 at 23:42コメント(0)トラックバック(0) 

2014年02月04日

「Number Do Winter 2014」(文藝春秋)の特集は<私が今日も走る理由。>


Sports Graphic Number Do 私が今日も走る理由。 (Number PLUS)

なかでも秀逸は、大峰山1300年の歴史の中で2人目となる千日回峰行を満行した大阿闍梨のインタビュー。大峰山の往復48辧壁弦盧1300m以上)を120日間続け、それを9年繰り返すという壮大な精神はまさに圧巻!

この記事を読むだけでも、買う価値はあったぞ!

−<私が今日も走る理由> 1300年で2人のみ! 千日回峰行満行の大阿闍梨 〜塩沼亮潤さん〜(@Number Web)
http://number.bunshun.jp/articles/-/782076

また、少し前に購入したのは、「Number PLUS」(文藝春秋)の箱根駅伝特集<90回記念完全保存版 箱根駅伝 名勝負をもう一度。1920-2014>


Number PLUS「箱根駅伝1920-2014 伝説の名勝負」

本文中の「名勝負列伝」にもあるが、個人的ベストシーンは我が母校法政(オレンジ・エクスプレス)の激走!

1区・黒田が差のない3位で襷を繋ぐと、2区・エース徳本が満を持してトップに躍り出る快走! さらに圧巻は、強風に煽られながらも絶対に先頭を譲ろうとしない5区・大村の凄い気持ちの走り! 何度見ても胸が熱くなる、オレンジ旋風第2章の第77回大会。




miyanofu1204 at 23:37コメント(0)トラックバック(0) 

2014年01月14日

堀江貴文『ゼロ』(ダイヤモンド社)読了。


ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ホリエモンの本はこれまで何冊も読んできているが、これまでの類のものとは明らかに出色の違う一冊。

仮出所後の純粋な気持ちを綴ったものなのであろうが、正直自分にはそんな事はどうでも良くて、ホリエモンの本を読めばそれだけで刺激を受け、ヤル気がむくむくと湧いてくるのである!



miyanofu1204 at 22:31コメント(0)トラックバック(0) 

2014年01月08日

文藝春秋2013年9月の新刊で、たまたま立ち寄った書店で平積みされていたもの偶然手に取った一冊。

小野裕史『マラソン中毒者(ジャンキー)』。


マラソン中毒者 北極、南極、砂漠マラソン世界一のビジネスマン

「ノータイム・ポチリ」の勢いで、北極や南極、アタカマ砂漠といった世界の極限レースに次々と意欲的にチャレンジしていくその精神は、圧巻の読み応えで一気読み!

そんな小野氏の今年2014年の目標は、「目の前の全てを日々180%で参ります!」とのこと。

そのアグレッシブさに自分も大いに刺激を受けて、このエントリーを2014年の年頭に掲げる。

−今日、かけがえのない一日を刻めたかい―小野裕史のブログ
http://hiro-ono.jp/

−小野裕史@facebook
https://www.facebook.com/#!/hirofumi.ono

miyanofu1204 at 23:17コメント(0)トラックバック(0) 
Jog Note
Total Access
  • 累計:

      (レイソルカラーで!)

Please Click Blog Rankking !
にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
レイソル情報満載!【ブログ村】

blogram投票ボタン
ブログ成分解析【blogram】
Twitter
Archives



hitachi_link

reysol[1]

reysolantennabanner150_44[1]

kasiwa
banner-t[1]