Football

2014年02月26日

サッカー関連の面白い指導理論本がある――と職場の先輩に薦められ、くアマゾンでノータイムポチリ(即購入!)しようとしたところ、似たような内容の本も見付けてインスピレーションを感じ、ジャケ買い。

さっそく後者の本から読み進めてみると、これが面白いの何のって、グイグイ惹き込まれて一気読み。大きな刺激を受けました! という訳でまず先に読了したのは、前川崎フロンターレU−12監督である高康嗣著『自ら考える子どもの育て方』(東邦出版)。


世界で通用するサッカー選手育成を目指せ! 「自ら考える」子どもの育て方

内容は、挨拶に始まる一連のサッカーの指導を通して子どもの自立を促す観点が満載。いや言い換えれば、社会的な自立を促す観点を意識したサッカーの指導こそが技術の向上にも繋がるということ――そう捉えるための指導者側の観点は非常に勉強になる。

今回自分はあくまで指導者側の立場として本書を読んだが、上記の観点を意識するための思考をより研ぎ澄ます必要性に駆られ、また同様に(まるで指導を受けたサッカー選手のように!?)より高い目標の実現に向かってアプローチする必要性に駆られる。これは指導書どころか、「自分磨き」のための完全なる自己啓発本である!

また本書の構成は、サッカーライターの江藤高志氏。巻末の簡単な「あとがき」に、なぜ本書が編まれたのかが書かれており、これもなるほどと納得。サッカー観戦の観点から見ると自分はこれまでトップカテゴリーの真剣勝負にしか興味がなかったが、ユース以下の試合にももう少し視野を広げてみようかなという気にもなった。

なお手元には、前述した未読の指導理論本があと2冊。それらを読み比べながら、自分の思考をより高めていく作業もまた楽しみである。


子どもが自ら考えて行動する力を引き出す 魔法のサッカーコーチング ボトムアップ理論で自立心を養う


「叱らない」育て方 (PHP文庫)


miyanofu1204 at 02:05コメント(0)トラックバック(0) 

2012年04月26日

UEFA チャンピオンズリーグ【準決勝(2nd)】
バルセロナ 2-2 チェルシー(@カンプ・ノウ)


UEFA チャンピオンズリーグ【準決勝(2nd)】
レアル・マドリー 2-1(@サンチャゴ・ベルナベウ)


準決勝第2戦の2試合もスカパー!観戦。

バルサは攻めに攻めながらも、前後半それぞれ終了間際にアウェイゴールを献上して敗退。それにしてもメッシはそのファーストタッチからして不調に見えた。ボールが全然吸い付かない。攻撃の悪いリズムが守備のバランスも崩した――そんなバルサの印象であった。

バルサ敗退を受けて俄然勢い付くレアル(!?)――前半15分までに2点先制も、アウェイゴールを喫してイーブン。レアルは先に失点できない窮地に追い込まれ、最後は足も止まってそのままPK戦突入。先行有利はバイエルン。カシージャスの存在が大きいようにも見えたが、逆にバイエルンGKノイアーが奮闘。前日のメッシに続いて、C・ロナウド、カカ、セルヒオ・ラモスまでもがPKを外すとは…。

クラシコを挟んだ過密日程も大きな要因でもあったのだろう――バルサの敗退、そしてモウリーニョも敗退。バルサのヘップ・グラウディオラ監督は退任を、後者のモウリーニョは続投をそれぞれ表明。バルサ黄金時代が終わり、それでもサッカーは続くという宿命を垣間見た準決勝であった。

miyanofu1204 at 21:26コメント(0)トラックバック(0) 

2012年04月24日

「Number」802号(文藝春秋)は、UEFAチャンピオンズリーグ特集。


Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2012年 5/10号 [雑誌]

折りしも、先週行われた準決勝(1st leg)の2試合――スカパー!生中継観戦することができた。

UEFA チャンピオンズリーグ【準決勝(1st)】
バイエルン・ミュンヘン 2-1 レアル・マドリー(@フスバル・アレナ・ミュンヘン)


レアルは勿論のこと、対するバイエルンも豪華メンバー(ノイアー、ラーム、シュヴァインシュタイガー、リベリ、ロベン等)。ホームのバイエルンが、予想以上の攻撃力で試合を優位に進める。レアルの高速カウンターもあまりに鋭利で脅威――アウェイ・ゴール1点を献上したが、最後はバイエルンのFWマリオ・ゴメスが決めてまさかの(!?)2-1で折り返す。


UEFA チャンピオンズリーグ【準決勝(1st)】
チェルシー 1-0 バルセロナ(@スタンフォード・ブリッジ)


攻めるバルサに守るチェルシーという構図は明白ながら、前半ロスタイムにカウンター1発で決めたドログバの決定力は見事。バルサは攻撃力前回という訳にはいかずも、シュートが2回ゴールポストに嫌われる不運もあった。第2戦をホーム・カンプノウで迎えるバルサにとっては、0-1という結果は、余裕綽々の想定の範囲内か。


この準決勝2試合の後、スペイン・リーグでは注目のクラシコも――こちらはWOWOWで生中継観戦。

スペインリーグ【第35節】
バルセロナ 1-2 レアル・マドリー(@カンプ・ノウ)


リーガの首位を走るレアルに勝ち点差4まで迫ったバルサ。ましてやカンプ・ノウでのクラシコとあらば、その勝ち点差は1に迫ること明白とも思われたが、先制はレアル。先のチャンピオンズリーグ同様バルサの攻撃にはどうにも迫力なく、後半25分にようやく追い付くも、すぐさまC・ロナウドに凄いカウンターから追加点を決められジ・エンド。

メッシを初めとする攻撃陣の疲労や、グラウディオラ監督がこの試合で選択した戦術云々の話題もあるが、これで今シーズンのリーガの趨勢は決す――バルサは3連覇でストップし、ついにモウリーニョが打倒バルサを果たそうとしている。これもサッカーの一つのサイクルなのであろう。


そしていよいよ今週はチャンピオンズリーグ準決勝の2nd leg。個人的なファイナル希望カードはバルサ‐バイエルンだが、より厳しい日程のバルサはどうにも疲労が重そう。まずは先に行われるバルサ‐チェルシーに大注目だな!

miyanofu1204 at 01:26コメント(0)トラックバック(0) 

2012年01月05日

レイソル快進撃に伴い、特にシーズン終盤は毎週購入していた「サカマガ」。

そこでの広告がどうにも気になり購入したのが、同じベースボールマガジン社の本書『モウリーニョ vs グラウディオラ』(フアン・カルロス・クベイロ レオノール・ガシャルド共著/小澤一郎訳)である。

モウリーニョvsグアルディオラ―最強集団をつくるリーダーの条件
モウリーニョvsグアルディオラ―最強集団をつくるリーダーの条件
クチコミを見る

この二人のエッセンスはもはや語り尽くされた感もあるが、それでもやはり読めば読むだけ刺激になる。また副題に「最強集団をつくるリーダーの条件」とあるように、前エントリーのネルシーニョ本同様、そこには「サッカー学」を超えたビジネス本的要因も含まれており、大いに参考になる。

ところで今シーズン二人の最初の激突は、先のリーガでのクラシコ(第16節:レアル1−3バルサ@サンティアゴ・ベルナベウ)。

開始早々レアルの先制点には唖然としたが、そこからはやはりまた今季もバルサペース。ホーム、レアルのファンを黙らせた特に3点目のセスクのゴールに至る展開は圧巻。やはりバルサはバルサだと思い知らしめた試合であった。

その後バルサはご存知の通りCWCでも無敵の2連勝でクラブ世界一のタイトル。CWCでのバルサの戦いぶりは、強すぎてつまらないような印象すら持つ無敵ぶりであった。

だが、これでまだ二人の戦いに決着がついたわけではない。リーガの趨勢、そして再び対戦することになるのかCLの決勝トーナメント。ヒリヒリするようなサッカー観戦はまだまだ楽しめそうである。

ところで本エントリーをある種のブックレビューとして捉えるなら、最後に本書に対する苦言をひとこと。本文のデザインがどうにも稚拙で読みにくい。また、二人の話題がいつのまにか交錯しており、グラウディオラの話題を読んでいるのかと思ったら、いつのまにかモウリーニョの話題に移っていたり。どうにももったいない限りである。



レイソル情報満載!ブログ村 柏レイソル

miyanofu1204 at 22:55コメント(0)トラックバック(0) 

2011年05月30日

2010/11 UEFAチャンピオンズリーグ
FINAL
バルセロナ 3-1 マンチェスターU(@ウェンブリー・スタジアム)


楽しみにしていたUEFAチャンピオンズリーグ・ファイナル――聖地・ウェンブリーに辿り着いたのは、バルサとマンU。それにしても凄いカードだ。

もうお馴染みのバルサーのメンバーとは対照的に――と書いてはマンUファンには失礼だが、今季マンUのサッカーをあまり見てこなかった私にとっては、そのメンバーはかなり新鮮。何でキャプテン(ビディッチ)がセルビア人なのか、メキシコ人のエルナンデスやエクアドル人のバレンシアはどんなプレイヤーなのか、そしてオーウェンはいつのまにマンUに移籍したのか、等々……。

だが正直言って、そんなことはどうでも良かった。私はただ、バルサのサッカーを堪能さえすれば良かった。

試合は、マンUの猛攻からスタート。だが、その波が持続するのはやはりせいぜい15分。バルサがボールを保持した途端にペドロ決定機――いけると確信する。そのペドロは、27分にあっさり先制ゴール。さぁいよいよバルサ劇場の幕開けか!?

ところが34分、マンUは一瞬の隙を付いたようなルーニーのゴールで同点。このレベルの試合になると、一瞬の隙さえ許されないと言うのか!? 孤軍奮闘するルーニーの鬼神のような表情!

まさかの同点ゴールを許したバルサだったが、後半も完全にペースを掌握。54分にはメッシのミドルが炸裂。「何だこれ!?」――欧州クラブシーン最高の舞台であっても圧倒的なパスワークで力を見せ付けるバルサに、私は歓喜を通り越して呆然とするしかなかった。

さらにバルサは69分、メッシの突破からのこぼれ球をビジャが決めて3-1! バルサのサッカーを堪能したい身にとっては、最高の展開――バルサの勝利を疑いようのない展開となった。

終盤、TV画面の映像には、顔を赤らめ、拳を強く握って怒りに打ち震えるマンUベンチのファーガソン監督が映し出されていた。バルサファンの歓喜とはあまりに対照的――いや、バルサファンの歓喜がどれほどのものか、逆説的に言い表しているようにも見えた。

これで、来たる2011/12シーズンは、(レアルのモウリーニョを筆頭に)バルサ包囲網がより一層強まることだろう。それをまたバルサがどう打ち破るのか――そのサッカーが今から楽しみである!



レイソル情報満載!ブログ村 柏レイソル

miyanofu1204 at 17:30コメント(0)トラックバック(0) 
Jog Note
Total Access
  • 累計:

      (レイソルカラーで!)

Please Click Blog Rankking !
にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
レイソル情報満載!【ブログ村】

blogram投票ボタン
ブログ成分解析【blogram】
Twitter
Archives



hitachi_link

reysol[1]

reysolantennabanner150_44[1]

kasiwa
banner-t[1]