2008年06月13日

EURO2008観戦記 4

6月10日(火)

Group D
スペイン 4-1 ロシア(@インスブルック/ティボリ・ノイ)

グループDはやはり「無敵艦隊」スペインが注目だろう。

そのスペイン、シャビ・アロンソとセスクのプレミア勢はベンチスタート。フェルナンド・トーレスのワントップだ。

ちなみにこのEUROは、もちろんWOWOWの放送を観て書いているのだが、この試合の解説は宮沢ミシェル氏。試合開始当初、周囲の放送ブースにデサイーやベンゲルがいると興奮していた。おそらくはフランスやイギリスの放送ブースであろう。宮沢ミシェル氏の解説者としての立場を否定するつもりはないが、放送ブースに座っている人物の、英仏と日本との差異に、まさにフットボール文化の歴史の差――格の違いを感じてしまった。

さて試合はフェルナンド・トーレスの突破からスペインが先制。前半終了間際にも、イニエスタ→ビジャのまるでホットラインのようなゴールが生まれた。

それにしてもスペインは、バレンシア勢が好調だ。確かリーガではバレンシアは不調だったはずなのだが……。ハーフタイムには、観客席ではバレンシアのユニフォームも振られていたぞ!

スペインは後半には、前述したセスクやシャビアロンソも登場――華麗なる中盤を形成しているような印象を受けた。フェルナンド・トーレスは54分で交代してしまったが、この豪華な中盤とトーレスとのコンビネーションがさらに熟成されれば、スペインもかなり良い所まで行けるのではないだろうか!

miyanofu1204 at 03:39コメント(0)トラックバック(0)Football  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Jog Note
Total Access
  • 累計:

      (レイソルカラーで!)

Please Click Blog Rankking !
にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
レイソル情報満載!【ブログ村】

blogram投票ボタン
ブログ成分解析【blogram】
Twitter
Archives



hitachi_link

reysol[1]

reysolantennabanner150_44[1]

kasiwa
banner-t[1]