2014年04月29日

2014・J1【第10節】G大阪戦

2014・J1【第10節】
G大阪 1-2 柏レイソル(@万博記念競技場)


序盤から押し込むレイソルは、立ち上がり5分に左サイド田中順→入り込んだ高山の枠内シュートもGK正面。

13分、G大阪・リンスの個人技に簡単に崩され失点し、先制点献上。このプレイ、リンスのハンドにも見えたのだが……。だが、試合展開を鑑みるに、まだあまり悔しくはなかった。

23分、ガンバ再度決定機はレイソルDF鈴木が体を張ったブロックで阻止。

27分、茨田のテンポのある崩しから工藤シュート。こぼれ球に橋本が飛び込むも届かず。

30分、工藤→田中順が二人で崩して見事な同点弾。

35分、劣勢ガンバ内田OUT→明神IN。

攻勢続くレイソルは工藤に二度の決定機もいずれもオフサイド。欲を言えば追加点が欲しかった前半――そのロスタイムに、田中順が左足超絶FKで逆転弾! 最高の形で前半を折り返す。

後半、スカパー!中継の画面を通して雨足が強まるのが見え、そんな状況下でレイソルのリズムを維持できるのかが課題。一方、風上に立つ好条件もある。

52分、田中順→工藤で決定機は、スカパー!解説の水沼氏も「え〜!?」と驚くほどのミスショットで逸機。このプレイがレイソルの嫌な流れに繋がらなければいいがと危惧。

60分、ガンバ二枚替えで脅威の宇佐美登場。

72分、ガンバ猛攻が続くが、レイソルようやくカウンターから田中順シュートでひと区切り。

82分、ネル采配も2枚替え――工藤OUTで猛省を促したい。

84分、ガンバCKからフリックで宇佐美の決定機もこれはレイソル高山好ブロックで安堵。

3分のアディショナル・タイムは、レイソルが何とか粘って連勝を成し遂げる!

振り返って見ると、特に後半の工藤のミスショットはいただけないし、明らかにゲームの流れが変わってしまった。それでも勝利で、勝ち点&順位が一気にジャンプアップ――まずまず気持ちが良い!

一方のG大阪のサッカーは、かつてのそれが微塵も感じられないほどの不調か。レイソル2011年J1初制覇や2012年天皇杯優勝時に共に覇権を争ったガンバの栄光の面影はもはやそこにはない。同様に当時同じく優勝争いを繰り広げた名古屋も今季は大きく連敗中。

そんな中でこの4シーズン、レイソルが強さを維持できていることが、レイサポとしての矜持・誇り!

レイソル報満載!ブログ村 柏レイソル

miyanofu1204 at 23:42コメント(0)トラックバック(0)レイソル観戦記  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Jog Note
Total Access
  • 累計:

      (レイソルカラーで!)

Please Click Blog Rankking !
にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
レイソル情報満載!【ブログ村】

blogram投票ボタン
ブログ成分解析【blogram】
Twitter
Archives



hitachi_link

reysol[1]

reysolantennabanner150_44[1]

kasiwa
banner-t[1]