2014年03月02日

2014・J1【第1節】FC東京戦

ACLが無いとう好材料(!?)もあってか、優勝候補の一角に再浮上したレイソルの2014シーズン開幕。日立台チケットゲットするも、所用によりスカパー!ライブ観戦。

2014・J1【第1節】
柏レイソル 1-1 FC東京(@日立柏サッカー場)


前半は試合の流れが一進一退する攻防。なかなかシュートが打てないレイソルであったが、見ていて堅実でまずまず。目を見張ったのはレアンドロ・ドミンゲスのボールタッチの感覚。全盛期のそれに近く、これはかなりコンディションが良いぞと確信して期待大。そのレドミ、前半終了間際の絶好位置FKは惜しくも枠外。

また同様に前半好印象は、共に湘南から新加入組の高山&ハン。プレイスタイルに鋭さを感じ、これは行けるのではないかという感覚がある。

スコアレスで折り返した後半早々、レイソル痛恨の失点。ゴールシーンは不運な形にも見えたが、直前のプレイではFC東京・新外国人エドゥーのポストプレイに完全に崩された形。その後も幾度かFC東京に決定機――菅野のファインセーブ等で何とか難を逃れる。またこれらのシーン、先の新加入組が守備的にもより機能できれば難なく防げるイメージもあったか。

開幕黒星だけは何としても避けたいレイソルは60分、狩野IN→鈴木大輔OUTで、高山が右SBへ。このネル采配は、高山>鈴木という意味合いもあるか。対人の強さが売りで昨季に新潟から移籍してきた鈴木大輔だが、フィードのミスは相変わらず散見で、いただけない。

ネルが動いたその直後、レイソルは工藤ゴラッソで同点弾。工藤曰く「ニーヤン(レアンドロ・ドミンゲス)とモンテーラ(新加入レアンドロ)」のWレアンドロ・コンビと工藤を絡めた攻撃陣は圧巻。特に、ニーヤンを最大限尊重しているように見えるモンテーラのスタイルが鮮烈で、これは今後の熟成に大いに期待できるな!

同点に追い付いたレイソルにとって、狙うはホーム開幕戦白星の逆転弾も、狩野が逃した2度の決定機に憤慨――彼には猛省を促したい。もう何度も書いているが、狩野のプレイスタイルは個人的に全く受け付けない。今季の趨勢を左右しかねない2度のミスショットに見えてならないのだが、どうか……。

それでも、追い付いた開幕戦ドローの勝ち点1は御の字。今後試合を重ねることで、攻守のバランスがより向上できれば充分にタイトルに手が届くことを確信できた2014シーズンの開幕であった。

写真


レイソル報満載!ブログ村 柏レイソル

miyanofu1204 at 01:18コメント(2)トラックバック(0)レイソル観戦記  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 虫   2014年03月03日 22:51
同感ですね。
狩野君、いまいち信用できません。
2度のうち2度目は権田君のファインセーブでまあしょうがないとしても1度はあれはない。あんなごっつぁんクロスを決められないようではプロとして・・・?
なお、小生は狩野君以外にも実は増島君も信頼しておりません。F東戦でも彼のクリアーが何回も相手に渡ってたし、決定的なクリアーミスもあったと思います。一方、最近近藤は安定感増加中問う言う感じですね。その他のプレーヤーはみんなOkかと。
2. Posted by ミヤノフ   2014年03月05日 23:33
虫さん、コメントありがとうございます!
レイソルの選手を批判するのは心苦しいのですが、
個人的に狩野のプレイスタイルは昨シーズンから全く好きになれません。
またDF陣では、近藤の縦への楔のパスを奪われてカウンターというシーンも大嫌いです!?
大谷はそんな近藤の縦パスはボランチとしては助かると言っていますが…(苦笑)。
いずれにせよ今季の再躍進が楽しみなレイソルの開幕戦ではありましたね!
また今後もよろしくお願いいたします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Jog Note
Total Access
  • 累計:

      (レイソルカラーで!)

Please Click Blog Rankking !
にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
レイソル情報満載!【ブログ村】

blogram投票ボタン
ブログ成分解析【blogram】
Twitter
Archives



hitachi_link

reysol[1]

reysolantennabanner150_44[1]

kasiwa
banner-t[1]