2013年11月03日

2013ヤマザキナビスコカップ【決勝】レイソル4回目の戴冠!

所用により国立参戦叶わず、キックオフから2時間遅れでビデオ録画視聴で見届けたナビスコ決勝。

レイソルにとって幸運であったのは、先週のリーグ前節に続いて2試合連続の浦和戦であったということ。その試合もビデオ録画するも事前に敗戦の報を知り見てはいないが、ネル采配に大きく反映されることを期待。

2013ヤマザキナビスコカップ【決勝】
浦和レッズ 0-1 柏レイソル(@国立霞ヶ丘競技場)


ケガや出場停止の選手を多数抱えるレイソルは、谷口がDFで先発起用――これはある意味で想定の範囲内。

試合は序盤からレッズのボール保持も、レイソル堅守でガッチリ対応――3バックから守備的な5バックに移行することはサッカーの必然。

前半のレッズは、原口や興梠といった前線のタレント陣が全く目だ立ず、一方でレイソルもスタメン復帰した期待のレアンドロになかなか見せ場がない、堅い試合展開。

前半のスコアレスはレイソルにとって充分なゲームプランと思いきや、ロスタイムに右SB藤田からの超絶高速クロスに工藤が鮮やかにヘッドで合わせて先制!

藤田が(茨田なみの!?)あんな凄いクロスを上げられるなんて思いも寄らなかったが、工藤のドンピシャヘッドと相成って余りに美しい、レイソルにとって大きなゴール!

後半は、攻めるレッズ→守ってカウンターを狙うレイソルという、これもレイソルにとって願ったりの展開。追加点の決定機が幾度かあり決まれば最高であったのであろうが、1点差のまま時間がジリジリと過ぎていく。

試合終了間際の89分あたりにはレッズ興梠のシュートがネットを揺らすがこれはオフサイド判定。副審・山口氏の適格な動きに対して、あの扇谷主審が珍しく(!?)まともな判断で安堵。

そこからのロスタイムはレイソルにとって盤石――レイソルが見事に2013ナビスコカップを制し、チームに四つ目のタイトルをもたらすこととなった。

2011シーズンのJリーグ、2012シーズンの天皇杯に続いて、これで3シーズン連続のタイトル。レイソルは完全に常勝軍団へと昇華すると共に、このタイトルはACLを頑張ったご褒美でもあるように思えた。

でも、喜びに浸るのはここまで。今季のリーグはもう諦めるとして、天皇杯がまだ残っている。ACL優勝への道は、レイソルに関わる全ての人が思い描くストーリー。この勢いで、2013シーズンはもう一つタイトルを取るぞ!

image002

レイソル情報満載!ブログ村 柏レイソル

miyanofu1204 at 02:11コメント(0)トラックバック(0)レイソル観戦記  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Jog Note
Total Access
  • 累計:

      (レイソルカラーで!)

Please Click Blog Rankking !
にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
レイソル情報満載!【ブログ村】

blogram投票ボタン
ブログ成分解析【blogram】
Twitter
Archives



hitachi_link

reysol[1]

reysolantennabanner150_44[1]

kasiwa
banner-t[1]