2012年03月19日

京都一周トレイル

1年前の3月11日、忘れもしないあの日、京都に赴くも、とんぼ帰りを余儀なくされた旅。

−「柏→水戸を自転車で84km! 大地震における柏バカの顛末【1】」〔2011-03-16〕
http://blog.livedoor.jp/miyanofu1204/archives/1615304.html

あの日、走ることのできなかった京都の街並み――この1年間、ずっと自分の頭の中にあった。

ちょうど今回、仕事も良いタイミングでひと段落――職場のリフレッシュ休暇制度を活用し、京都RUNの旅に出た。走ったのは、京都一周トレイル・東山コース!

−京都一周トレイル(@京都府山岳連盟)
http://www4.plala.or.jp/kyoto-gakuren/trail/trail_index.html

◆京都駅→伏見稲荷(東山コース・スタート)→清水寺〔9キロ〕

一年前と同じホテルではなかったが、京都駅前から3キロ走って「東山コース」スタート地点の伏見稲荷へ。赤い鳥居が続く上り坂を四つ辻まで。途中、趣のある住宅街や、皇室の雰囲気漂う泉涌寺、国道1号を走って清水寺はチラ見。

P1000131
【スタート地点】

P1000134
【伏見稲荷の千本鳥居】

P1000135
【皇室とゆかりの深い泉涌寺】

P1000136
【コースを少し逸れて清水寺】

◆清水寺→南禅寺→(コース上の大文字山はパス)→哲学の道→銀閣寺〔20キロ〕

南禅寺付近は、「ねじりマンボ」や琵琶湖疎水の「インクライン」となかなか面白い見所。コース上の大文字山は、行程の距離・時間・疲労等を考慮して事前の計画通りパス。一方で選んだのが「哲学の道」。ここだけはどうしても走りたかった!

P1000137
【東山山頂公園からの眺望】

P1000138
【ねじりマンボ】

P1000139
【南禅寺から銀閣寺への「哲学の道」】

◆銀閣寺→比叡山(東山コース・ゴール)〔28キロ〕

観光客で賑わう銀閣寺を抜け、いよいよ比叡山への登山道――標高差600mで7キロの上り。これが本当にきつくて何度も諦めようと思ったが、ヘロヘロになりながらも何とか辿り着く。

P1000141
【東山コース・ゴール地点の標識】

◆比叡山→延暦寺→比叡山〔32キロ〕

比叡山のロープウェイ駅は冬季閉鎖中(密かに岐路は利用しようかと思っていたのだが!?)。そこから先は「北山コース」になっていて、残雪の林道を走る。廃墟と化した比叡山スキー場跡――一人のハイカーとも会わず、少し寂しい雰囲気。一方、延暦寺はあまりに静かで荘厳な雰囲気であった(全部を見ることはできなかったが)。

HI3E0275
【残雪の比叡山山頂付近】

P1000146
【延暦寺内で最も清浄な場所、開祖・最澄の御廟がある浄土院。荘厳かつ静謐】

P1000148
【西塔・釈迦堂】

◆比叡山→雲母坂→修学院〔36キロ〕

戻ってきた比叡山からの下山は、途中でショートカットを狙って雲母(きらら)坂を選択。この道、帰ってきてから調べてみると、延暦寺の千日回峰行の古道であったという。修学院で再び京都市街に戻る。ここまでで7時間半――京都駅まで(8キロくらい)走る気力は既に失せ、また装着していたGarminの電源も残り僅かとなったことを言い訳に、バスに乗車してランも終了。


と、最後は京都駅まで走れれば満点であったが、それでも充分に、世界遺産を巡るこの京都トレイルを堪能することができた。1年前の鬱憤を晴らすに充分なRUN――またぜひ京都を走る機会が訪れるであろうことを願う。

なお、この前夜と翌朝もせっかくだからと軽く走る――そちらはいつも通り正規ランニング記録のジョグノートでどうぞ。

−京都駅前・夜ラン(@JogNote)
http://www.jognote.com/days/11102584

−京都市街・朝ラン(@JogNote)
http://www.jognote.com/days/11116330



miyanofu1204 at 02:48コメント(0)トラックバック(0)Sports  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Jog Note
Total Access
  • 累計:

      (レイソルカラーで!)

Please Click Blog Rankking !
にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
レイソル情報満載!【ブログ村】

blogram投票ボタン
ブログ成分解析【blogram】
Twitter
Archives



hitachi_link

reysol[1]

reysolantennabanner150_44[1]

kasiwa
banner-t[1]