2011年08月21日

2011・J1【第22節】福岡戦

レイソルが勝ったというのに、何だろう、このイライラ感。J2での試合ならともかく、J1の、しかも首位争いをしている中での貴重な勝ち点3を得たというのに。

落ち着いた判断ができないことによるパスミスの連続。決定機を逃し続けるシュートミスの連続。弱い相手にも盤石の試合運びができず、結局最後はチーム全体が浮き足立って薄氷の勝利。

シーズン前半の首位快走劇――我々は、もっと強いレイソルを知っている。より強いレイソルを切望している。

2011・J1リーグ【第22節】
柏レイソル 3-2 アビスパ福岡(@日立柏サッカー場)


序盤――プレスも緩く、高いDFラインの裏を何度も衝かれる福岡。レイソルと福岡との相性もあるのだろうが、その様子を見て、これはレイソル楽勝だなとの印象を持った。

案の定、さっそく酒井が右サイドを切り裂き中央へラストパス。レアンドロを選択したボールは相手GKの手に収まってしまったが、さらにゴール前には工藤や、どフリーの林も待ち受けていた。レイソル先制は時間の問題に見えるような展開。

ところが直後の7分、中央に放り込まれたボールを福岡の岡本に決められ簡単に先制点を献上。酒井がコンタクトできず、桐畑も中途半端な飛び出しで、呆気に取られるしかない失点シーン。酒井は守備でももう少し激しさが欲しいし、桐畑は少し自信を無くしているかのような印象。

2失点目のシーンも続けて言及すると、これも酒井のコンタクトと桐畑のポジショニングの悪さが顕著。桐畑は前に出るタイミングが中途半端。メインスタンドで観ていた私は「前に出るのが早過ぎる」と地団駄を踏んだ。

3−1と楽勝ムードからこの失点で一気に形勢逆転。最後は何とか踏みとどまったが、やはり決めるべきときに決めておかないと、という典型的な内容に陥るはめになるところであった。

この試合のレイソルのシュート数は、今節Jチーム最多の17本。レアンドロ・工藤・林と、決めるべき人が決めたのは良かったが、課題はやはり工藤と林だ。

ゴールを決めたい気持ちは分かるが、そればかりが先行してしまい、周囲が見えなくてポジションも被りまくり。ネルシーニョからどんな指示が出ていたのかは窺い知ることができないが、この試合の二人の動きは見ていて本当にイライラ。メインスタンドからも時折怒号が上がっていた。

特に林は待望の結果も出たことだし、若い二人の今後の成長に期待――と書くのは簡単だが、最下位の福岡相手だからこそ何とか保てた試合。チームは重要な優勝争いをしているということを、忘れてはならない。今後、数少ない決定機をどう決めていくのか。シュート・パス・コンビプレイ――その選択肢の意識を高めて、見ている観客も納得できるような戦いぶりに期待したい。

またもや連敗を避け、工藤と林もゴール。確かに結果は出た。しかしリーグ終盤に向けて、ガンバ・川崎F・名古屋と難的が続く連戦。キタジが抜けたFW陣に覚醒はあるのか!? 現状は厳しいようにも思えるが、気持ちの入ったレイソル戦士の活躍をどうしても夢想してしまうのが、サポ心理というものである!



レイソル情報満載!ブログ村 柏レイソル

miyanofu1204 at 19:24コメント(2)トラックバック(0)レイソル観戦記  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ゆき   2011年08月21日 23:45
こんばんは。

昨日の試合はやっぱりちょっとイマイチでしたね(苦笑
勝てたことは素直に嬉しいんですけど、それでもやっぱりもっとチャンスはあったわけですし、決めるところは決めてほしかったですね。
前半から決めるところ決めていれば、もっと楽な試合ができたんでしょうし。

次はガンバですね!とにかくこの試合は負けないことが大事だと思います。
勝てれば嬉しいんですが、ガンバ相手に引き分けなら個人的には満足です(^^;
次節もFWは工藤に林なんでしょうし、この2人に期待したいと思います。

昨日はお疲れさまでした(^^
2. Posted by ミヤノフ   2011年08月23日 01:18
本当にガンバは難敵ですが、我々サポとしてはもう、工藤&林に期待するしかないですからね。彼ら2人の気持ちの強さに賭けるしかない!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Jog Note
Total Access
  • 累計:

      (レイソルカラーで!)

Please Click Blog Rankking !
にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
レイソル情報満載!【ブログ村】

blogram投票ボタン
ブログ成分解析【blogram】
Twitter
Archives



hitachi_link

reysol[1]

reysolantennabanner150_44[1]

kasiwa
banner-t[1]