2011年05月30日

【CLファイナル】バルサ−マンU

2010/11 UEFAチャンピオンズリーグ
FINAL
バルセロナ 3-1 マンチェスターU(@ウェンブリー・スタジアム)


楽しみにしていたUEFAチャンピオンズリーグ・ファイナル――聖地・ウェンブリーに辿り着いたのは、バルサとマンU。それにしても凄いカードだ。

もうお馴染みのバルサーのメンバーとは対照的に――と書いてはマンUファンには失礼だが、今季マンUのサッカーをあまり見てこなかった私にとっては、そのメンバーはかなり新鮮。何でキャプテン(ビディッチ)がセルビア人なのか、メキシコ人のエルナンデスやエクアドル人のバレンシアはどんなプレイヤーなのか、そしてオーウェンはいつのまにマンUに移籍したのか、等々……。

だが正直言って、そんなことはどうでも良かった。私はただ、バルサのサッカーを堪能さえすれば良かった。

試合は、マンUの猛攻からスタート。だが、その波が持続するのはやはりせいぜい15分。バルサがボールを保持した途端にペドロ決定機――いけると確信する。そのペドロは、27分にあっさり先制ゴール。さぁいよいよバルサ劇場の幕開けか!?

ところが34分、マンUは一瞬の隙を付いたようなルーニーのゴールで同点。このレベルの試合になると、一瞬の隙さえ許されないと言うのか!? 孤軍奮闘するルーニーの鬼神のような表情!

まさかの同点ゴールを許したバルサだったが、後半も完全にペースを掌握。54分にはメッシのミドルが炸裂。「何だこれ!?」――欧州クラブシーン最高の舞台であっても圧倒的なパスワークで力を見せ付けるバルサに、私は歓喜を通り越して呆然とするしかなかった。

さらにバルサは69分、メッシの突破からのこぼれ球をビジャが決めて3-1! バルサのサッカーを堪能したい身にとっては、最高の展開――バルサの勝利を疑いようのない展開となった。

終盤、TV画面の映像には、顔を赤らめ、拳を強く握って怒りに打ち震えるマンUベンチのファーガソン監督が映し出されていた。バルサファンの歓喜とはあまりに対照的――いや、バルサファンの歓喜がどれほどのものか、逆説的に言い表しているようにも見えた。

これで、来たる2011/12シーズンは、(レアルのモウリーニョを筆頭に)バルサ包囲網がより一層強まることだろう。それをまたバルサがどう打ち破るのか――そのサッカーが今から楽しみである!



レイソル情報満載!ブログ村 柏レイソル

miyanofu1204 at 17:30コメント(0)トラックバック(0)Football  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Jog Note
Total Access
  • 累計:

      (レイソルカラーで!)

Please Click Blog Rankking !
にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
レイソル情報満載!【ブログ村】

blogram投票ボタン
ブログ成分解析【blogram】
Twitter
Archives



hitachi_link

reysol[1]

reysolantennabanner150_44[1]

kasiwa
banner-t[1]