2010年07月14日

W杯日記(7月13日) スペインの美しき戴冠!

2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会もいよいよ決勝。試合開始の午前3時半に備え、前夜は参院選の民主党惨敗を確認して即就寝。であるにも関わらず、午前2時には目が覚めてしまった――例によってあまりにサッカーバカな自分。確かに眠い。だがそれ以上に、W杯の決勝を迎える興奮が明らかに上回っていた――ある種の必然である!

2010 FIFA W杯 南アフリカ大会
決勝
オランダ 0−1 スペイン(@ヨハネスブルク/サッカーシティ)


それにしても、濃密な120分であった。W杯決勝の舞台において、ここまで戦ってきた疲労と、目の前に迫った栄光を手にするための慎重さ――そういった要因を凌駕する両チームのスタイルの激突! まさに見応えのある攻防であった。

そもそも、今大会における両者のここまでの道程も素晴らしい! オランダは準々決勝でブラジルを退け、片やスペインは、1回戦では隣国ポルトガルを制圧し、そして準決勝では、イングランドとアルゼンチンとを圧倒してきたドイツをさらに圧倒! 

個人的には、その準決勝のドイツ戦同様、スペインのパスサッカーが圧倒するのではないかと考えていた。ところが実際に試合が始まってみると、オランダも凄い気迫でスペインに対抗――自分たちの時間を何度も作り出す。そのオランダの気迫は、時に激し過ぎるプレイになってしまったような感もあったが、見ていてそんなに嫌悪感はなかった(だが後から冷静に振り返って見ると、最後にその歪みが勝敗の行方を左右したように捉えることもできるか……)。

華麗なパスワークで何度も崩そうとするスペイン、激しいハードワークから一気に高速カウンターを試みるオランダ。前後半90分を通しての決定機は、スペインがCKからセルヒオ・ラモスの惜しいヘッドと、途中交代で右サイドを切り崩していたへスス・ナバスのクロスからシャビのシュート。対するオランダはロッベンが抜け出す超決定機があったが、これを2度も防いだのがスペインGKのカシージャス!

かのモウリーニョも、「ワールドカップでは優れたGKを抱えていることが重要になる。その意味ではスペインにはカシージャスという最高のGKがおり、守備面はほぼ万全だろう」(「Number PLUS」南アフリカW杯蹴球読本より)と説いている。この試合を決定付けたのは、ある意味ではカシージャスの2つのビッグセーブであったのかもしれない。

Number PLUS 2010 June―Sports GraphicNumber PLUS 2010 June―Sports Graphic
販売元:文藝春秋
発売日:2010-05-14
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

結局はスコアレスで突入した延長戦。私の興味は(勝敗の行方はもちろんだが)、スペインの不動のエース、F・トーレス投入の可否に集約されつつあった。だが実際には、ここまでにスペインはペドロOUT→へスス・ナバスIN、シャビ・アロンソOUT→セスク・ファブレガスIN。

4-2-3-1から4-1-4-1へと、EURO2008を彷彿とさせるような万全な布陣へ移行していた(シルバが絡んでいないのは個人的には残念だったが)スペインにとって、もはやF・トーレスが入る余地は無く、それもまた現実的な選択であると納得せざるを得ないような状況に思われた。

ところが延長後半開始直後、ついにF・トーレス登場! しかも、確かに代えるとすればここしかなかったのだろうが、今大会絶好調で得点王のシャビがOUT――恐るべし、ビセンテ・デルボスケ采配! さらにこれは後から分かったことだが、F・トーレスは試合前の練習を回避しており、また実際の試合での動きを見ても、相変わらずトップ・フォームからは程遠い印象。それでも最後の最後にまさに切り札として登場するとは――デルボスケは、大舞台で決勝ゴールを決め続けたF・トーレスのジンクスに賭けたとでもいうのか!?

そして遂に訪れた延長後半11分、もはや語るべくもないイニエスタのゴール!左サイドから上げたF・トーレスのクロスの軌道には何も期待できなかったが、こぼれ球をセスクが上手く繋いでくれた。このゴールに至るプレイ自体は泥臭いようにも見えるが、それはスペインの美しき戴冠に相応しい、あまりに眩い瞬間でもあった! 

逆にオランダにとっては、最後にクリアミスをしたのはファンデルファールト。攻撃的な選手として途中投入されたものの、ハイティンガの退場によってあの位置にいざるを得なかったのか――オランダの激しいプレイのつけが最後に回ってきたとも言えよう。

なお、過去にイニエスタのゴールで個人的に印象深いのは、昨シーズンのCL準決勝2ndレグ――チェルシーを地獄に突き落としたロスタイムのアウェイゴールだ。現地の実況「メッシ、メッシ、メッシ、イニエスタ! ゴ〜ル!!!」は今でも私の脳裏に焼き付いている。



当時と同様、南アフリカの地でも、またもユニフォームを脱ぎ捨て歓喜のイニエスタ(今回は亡き友へのメッセージが書かれていた模様)。 このゴールによってスペインはついにW杯初優勝! EURO2008に続き、攻撃的で美しいパスサッカーを貫いた、まさにスタイルの勝利だ!

スペインの歓喜を見届け、テレビの電源を切る――独り静かにソファーに佇む。W杯が終わった瞬間、自分はいつも同じ事を考えている――4年後の自分は、一体何をしているのだろうか、と。まぁ、毎回いつも何も変わってはいないのだが……。

午前6時半、そのまま出勤し、週明けの仕事に従事。そして翌朝――また3時半に自然と目覚めてしまう自分がいた。苦笑すると同時に、どこか寂しくも思う。

次のW杯は2014年のブラジル大会。その前にEURO2012もあるか! いや待てよ、来シーズンのスペインリーグも興味深いな――実質的な世界チャンピオンのバルサに対し、モウリーニョを招聘したレアル!

そしてもちろん、Jリーグがある! 今週末には、さっそくまたスタジアムに足を運ぶことになるだろう。一つのW杯が終わっても、サッカーに纏わる楽しみは尽きない。そういった、またいつもの日常が始まる……。

ブログ村 柏レイソル


miyanofu1204 at 21:08コメント(0)トラックバック(0)W杯日記  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Jog Note
Total Access
  • 累計:

      (レイソルカラーで!)

Please Click Blog Rankking !
にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
レイソル情報満載!【ブログ村】

blogram投票ボタン
ブログ成分解析【blogram】
Twitter
Archives



hitachi_link

reysol[1]

reysolantennabanner150_44[1]

kasiwa
banner-t[1]