2013年05月25日

AFCチャンピオンズリーグ2013 【ラウンド16(2nd)】
柏レイソル 3-2 全北現代モータース(@日立柏サッカー場)


2つのアウェイゴールで1stレグを勝利し、迎えた日立台での2ndレグ。レイソル先発メンバーにレアンドロの名はなかったが、序盤にクレオの落とし→ワグネルの惜しいシュートあたりまでは楽観視。

そこから全北の猛攻。何度も崩され、危険なシーンの連続。この試合では充実の気合乗りであったDF鈴木の好守備で何とか凌ぐが、21分にはCKからオウンゴールで失点――やはりアジアの戦いは厳しいと実感。

acl01

それでも失点後のレイソルは、システム変更があった模様で何とか持ち直してイーブンの展開へ――それまで感じていた厳しさが、良い意味での痺れに変わっていく――これぞ試合観戦の醍醐味。

前半終了間際、レイソルはCKの流れから渡部ヘッドで同点、息を吹き返す――渡部は天皇杯決勝以来の大仕事。さらに後半開始早々にはワグネル右足弾で逆転――これでレイソルのACLベスト8進出はほぼ確実なものとなり、安堵感。

ちなみにワグネルのゴール、試合後の全北現代監督はオフサイドを主張してた模様だが、現地で見ていても、また試合後にVTRで確認しても、そんな気配は微塵もなし。

ここから3得点が必要になり前掛かりにならざるを得ない全北に対し、レイソルは大谷→工藤で追加点。このゴールシーン、ゴール裏正面から見ていて工藤はゴール右サイドを狙うかと思いきや、左足で左サイドに流したプレイは、広島の佐藤寿人を彷彿とさせる鮮やかなゴール。

(*後日分かったのだが、この試合はザッケローニ日本代表監督も観戦しており、工藤はこのゴールで日本代表初選出!)

ベスト8進出に向け大勢が決した試合は最後はやや大味になり、不用意な失点や小競り合い(どう見ても先に仕掛けてきたのは全北)もあったが、レイソル万全にACL8強進出!

だが、ACLの頂点に向けて、西アジア・中東勢との対戦も始まる次からが本当の厳しい戦い。準々決勝のドローは6月下旬にあり、対戦は8月。

Jリーグもまもなく中断期間に入る。怪我人が多いレイソルにとってはこれは幸運。ベストの体勢(橋本和&澤&レアンドロの復帰を熱望)で、まずはACL4強を目指すぞ!

acl02

レイソル情報満載!ブログ村 柏レイソル

miyanofu1204 at 21:56コメント(0)トラックバック(0)レイソル観戦記 

2013年05月18日

2013・J1【第12節】
柏レイソル 1-3 セレッソ大阪(@日立柏サッカー場)

  • 大谷の凄いドリブル&パスから工藤先制ゴール! 試合開始から25分ペースを堅持し続けてゴールだ! #reysol posted at 15:32:17

  • 【前半終了:レイソル1-1C大阪】終始レイソルペースも1点しか取れなかったレイソルは、ラストプレイのファウル(松尾主審のミスジャッジ)&FKだけで同点にされる不運。でもこの方が後半もまた同様にレイソルペースで進められるかなと必死に前向きに解釈。 #reysol posted at 15:56:02

  • 同点FKを与えるに至った契機は、大谷のミスですからね。後半の挽回に期待! RT @okeratobo: 前半ホイッスル直後の大谷、相当悔しがってたなぁ #reysol posted at 15:57:32

  • ちなみに今日はスカパー!TBSチャンネルでTV観戦中。過去これまで悪評のTBSのサッカー中継クオリティは、やや向上の兆しが見える模様。 #reysol posted at 15:59:34

  • 後半25分、レイソルは先制ゴールの工藤OUT→田中順IN。後半ここまでどうにも流れが悪いので、試合のリズムを変える契機としたい。 #reysol posted at 16:30:29

  • 何でゴール前で柿谷がフリーでいるんだ…。 #reysol posted at 16:36:17

  • 【試合終了:レイソル1-3C大阪】後半は一転して何もできなかったレイソル。セレッソの単純なプレイにやられて工藤神話も崩壊。後半途中出場の田中順や太田には、チャンスが巡ってきたという意識がないのか。切り替えて次戦ACLに臨むしかないな。 #reysol posted at 16:54:34

  • 「考えた中での日程」って、もっと有能な人材に考えてもらいたいですね。 【柏】原委員長「疲れていた」/J1 www.nikkansports.com/soccer/news/f-… @nikkansportscom #reysol posted at 22:44:03

  • 「前半1−0で折り返していれば違っていたと思う」って、明らかに主審のミスジャッジが要因ですけど。 【柏】原委員長「疲れていた」/J1 www.nikkansports.com/soccer/news/f-… @nikkansportscom #reysol posted at 22:45:01

レイソル情報満載!ブログ村 柏レイソル

miyanofu1204 at 23:11コメント(0)トラックバック(0)レイソル観戦記 

2013年05月15日

グループステージを順当に首位通過し、密かに懸念していた難敵・広州&浦和との対戦も回避。このACLでさらなる飛躍を目指す決勝トーナメントにいよいよ突入。

ラウンド16の相手は、前述した2チームに比べれば与しやすい印象のあった全北――昨シーズンの対戦同様、いなして前進したい一戦。

AFCチャンピオンズリーグ2013 【ラウンド16(1st)】
全北現代モータース 0-2 柏レイソル(@全州ワールドカップスタジアム)


負傷の菅野&レアンドロも先発メンバーに名を連ね、ほぼベストの布陣で韓国の地に挑むレイソル――開始早々工藤のヘッドで、いきなりアウェイゴールをゲットする優位な展開。このシーン、ワグネルが追い付いてあげたクロスはナイスプレイであったが、そのボールが上がった先のシーンはほとんどノーチャンスに見えた。そこから工藤のヘッド炸裂とは、彼の大きな成長を感じずにはいられない見事なゴール。

いきなり試合の大きなモメンタムを得たかに見えたレイソルであったが、その後にクレオの決定機があった以外は、完全にホームの全北ペース。ピッチはやや荒れているように見えたが、その中で全北のスピード・テクニック・高さ・フィジカル・パスワーク――全てが上回っていた。

特に後半は全北に幾度の決定機――菅野のファインセーブもあって何とか失点を防いではいたが、レイソルのボランチ&DF陣も完全に後手。ここ数試合のJリーグでも課題が見えた渡部は相変わらずの脆さを露呈し、この試合で右SBに入った鈴木も、Jで先発の座を掴めていない理由がよく分かるプレイぶりであった。

それでもレイソルから見ればアウェイの地で貴重な2-0での勝利は、強さ・したたかさの証明であると言えるのかもしれない。だが、このレベルでは全く納得できない。レイソルが目指しているのはもっと先の頂点のはず――このプレイぶりは、そこに辿り着くべきレベルのそれではない。

課題の残った後半――もっと上手くカウンターに持ち込める試合展開であるはずなのに、決定機構築はほとんどなし。追加点を奪ったCKは上手く選手がゴール前に入りこめたように見えたが、もっとパスワークで崩す力量がないと。

大きなアドバンテージを持って臨むホームでの次戦こそ、その強さを証明できる内容のサッカーを示して欲しい。であればこそ、今回の戦いはあくまでアウェイでの上手い戦いと言い切ることができよう。次週、全北相手にそんな勝利を期待――そして自ずとアジア8強進出へ!

レイソル情報満載!ブログ村 柏レイソル

miyanofu1204 at 22:34コメント(0)トラックバック(0)レイソル観戦記 

2013年04月10日

初戦では自重していたACL現地観戦(@日立台)も、いよいよ現実味を帯びてきたレイソルのグループステージ突破を見届けようと、日立台に赴く。

相手は韓国のチームということも、観戦意欲に作用していた。前節の対戦(@水原)では、圧倒的不利なジャッジにもかかわらず、4点差でレイソルの圧勝。

ここもしっかり返り討ちにすることで、レイソルの強さを見せつけ、グループステージ首位突破を確実なものとしたい!

AFCチャンピオンズリーグ2013
グループステージ Group H 【第4節】
柏レイソル 0-0 水原ブルーウィングス(@日立柏サッカー場)


試合は終始、潰し合いの展開。試合後の水原チョン・テセは「柏の方が上回っていた」とのコメントだが、いや私の目には、水原の力量の方が上回って見えた。

レイソルはどうにもボールが繋げないし、当たりでも力負け。決定機も少なく、何だかなぁという感じ。ホームでのドローはあまり良い結果とは言えないが、レイソルが首位を走るグループステージの趨勢を考えれば御の字か。

試合後、帰宅してみると、他会場の結果に委ねられていたレイソルのグループステージ突破はお預け。それでも、ACLはこの先まだまだ楽しませてもらいたい――そんな想いをレイソルに抱き、また期待し続けてもいる。

acl

レイソル情報満載!ブログ村 柏レイソル

miyanofu1204 at 22:58コメント(0)トラックバック(0)レイソル観戦記 

2013年04月08日

レイソルまたもや試合開始早々の失点。だがなぜかこの日は、それまで感じた失意や怒りがあまり湧いてこなかった――かたや順調に勝ち星を重ねるACLの影響であろうか。

それでも、その失点の契機となったCKを与えたシーン。スピードで走り負けたレイソル右SB藤田のワンプレイに、この試合の趨勢を左右する影響があるのではないかと懸念せずにはいられなかった。図らずも、その悪い予感は的中したと言えるだろうか……。

2013・J1【第5節】
柏レイソル 3-3 名古屋グランパス(@日立柏サッカー場)


暴風雨予報により現地観戦を避けスカパー!の画面を眺めながら序盤のそんな試合展開を思索していると、直後に田中順→工藤ヘッドで同点。その10分後には田中順→工藤のシュートは枠外にも見えたが、名古屋DFによるシュートブロックのこぼれ球をレアンドロが押し込んで2-1!

先のACL水原戦(@水原)と同じようなバカ試合に発展するかの様な展開に、そしてレイソルのその決定力の向上に、思わず笑ってしまう逆転劇。

予報どおりの雨中の日立台――そのまま前半30分くらいまではレイソルのペース。前半は他に田中順に2度の決定機――これが決まっていれば、レイソルにとってまた新たな展開が開けたはず。

前半終盤の名古屋ペースも何とか凌げたかと思った矢先、レイソル栗澤2枚目イエローでまさかの退場――数的不利。この試合の主審・岡部氏はジャッジの基準の曖昧さで試合を混乱させるが、栗澤のこの2枚のカードは概ね妥当――栗澤には猛省を促したい。

一転して暗雲漂う後半――レイソルは田中順OUT→茨田INでシステムの再構築を図るが、そんな矢先にまたもや名古屋の高さにやられてセットプレイから同点弾。希望が徐々に失望へと変わっていく。

それでもレイソル再度の見せ場は後半18分――先のACL水原戦同様、FW工藤が圧巻のドリブル突破からのゴールで3-2。闘莉王をかわしてのゴールに、工藤の大きな成長を感じずにはいられなかった!

後半その後、レイソルは結局は持ち堪えられずに3-3。失点シーンは、後半投入されたボランチ茨田の守備的課題が出たようにも思えたが、攻撃的なバランスという点では機能していたようにも見えた。数的不利ながらも結果的にはドローで終えることができたのだから、茨田は最低限の役割は果たしたと見ることができるだろう。

レイソルは終盤にクレオ投入も光明。ゴール前でお互いにチャンスがあり、できればクレオに決めてもらいたかったが、彼の本格復帰はまた次戦の楽しみとしておこう。

また一方で、レイソルは狩野そしてレアンドロが負傷気味か。だが今季のレイソルは戦力的にも充実していること明確――王様レアンドロの負傷は確かに痛いが、少し休養してもらいながら、サブのメンバーの活躍にも大いに期待。この先まだ何ら不安のないレイソルの戦いぶりであったと捉えたい。

レイソル情報満載!ブログ村 柏レイソル

miyanofu1204 at 23:15コメント(0)トラックバック(0)レイソル観戦記 
Jog Note
Total Access
  • 累計:

      (レイソルカラーで!)

Please Click Blog Rankking !
にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
レイソル情報満載!【ブログ村】

blogram投票ボタン
ブログ成分解析【blogram】
Twitter
Archives



hitachi_link

reysol[1]

reysolantennabanner150_44[1]

kasiwa
banner-t[1]