2014年03月15日

名古屋・西野監督の日立台帰還をこの目で見たい想いもあったが、所用によりこれで開幕から3戦連続スカパー!ライブ観戦。

2014・J1【第3節】
柏レイソル 0-1 名古屋グランパス(@日立柏サッカー場)


ふわっとした立ち上がりに感じたレイソルの前半は、ほとんど見どころがないと言っていい酷い内容。Wボランチの一角・ハンが全く目立たず(彼のプレイスタイルは個人的には好きなのだが)、そのバランスの悪さがゲームを作れない要因か。

それでも前半何とか凌いでゲームのモメンタム戻そうとするのはレイソルの底力でもあるように見えた。

後半、名古屋は矢野貴章IN。

一方のレイソル軌道修正は、相手ボールの出所でもある名古屋DF陣へのより厳しい前線からのチェック(ネルシーニョ監督ハーフタイムコメント)。ボール保持率を上げて試合のモメンタムを保ち始めた後半は、レイソル・ゴール裏からの力強い後押しも聞こえてくる。

それでも先制は名古屋――スカパー!中継でリイプレイ再生中にレイソル左サイドが崩された模様で、フリーの矢野貴章があげたクロスにケネディヘッドで失点。

レイソルは、開幕戦好調に見えたWレアンドロも不調気味で、後半決定機は工藤のシュート1回くらいか!? 途中交代の茨田&狩野は全く投入意義を示せず、これでは試合に勝てない。

書きながら気付いたのだが、今日のレイソルは4-2-3-1。名古屋の布陣に合わせた可能性もあるが、やはりレアンドロ&工藤の2トップに、ドミンゲス2列目右の従来の4-2-2-2方がより機能的ではないか。昨シーズンも少しは見られたが、工藤右サイドはどうにも好感が持てない。

それにしても酷い内容で、何もできない弱いレイソルを見ていて、失望感を通り越して虚無感しかない。これではダメだな…。

レイソル報満載!ブログ村 柏レイソル

miyanofu1204 at 18:35コメント(0)トラックバック(0)レイソル観戦記 

2014年03月13日

300

レイソルからジェフにレンタル移籍している山中及びレイサポを陥れた「300%アンチ柏」のタオルマフラーを販売しているのはこのお店です。

−aregria
http://tienda-alegria.com/

当該商品に関する情報は既に削除されている模様だが、ちばぎんカップ前にはこんなブログもエントリーされていた模様。

−【ULTRAS CHIBA Muffler 2014 〜ANTI KASHIWA〜】2/16リリース(@aregria staff blog)
http://alegria.pokebras.jp/e275083.html

冗談じゃないぞ、ジェフ。山中は即刻レイソルにレンタルバックさせるべき!

レイソル報満載!ブログ村 柏レイソル

miyanofu1204 at 06:42コメント(0)トラックバック(0)レイソルコラム 

2014年03月08日

開幕戦ドロー後の勝利を狙うレイソルは、アウェイ神戸戦。J2上がりの神戸は容易な相手にも思える一方、今のJに簡単な相手などいる訳がない。J2時代の2010シーズン天皇杯3回戦(神戸1-2レイソル)で訪れた神戸を懐かしく感じながら、スカパー!ライブ観戦。

2014・J1【第2節】
ヴィッセル神戸 1-1 柏レイソル(@ノエビアスタジアム神戸)


序盤、ゲームのファーストシュートは(いつのまにか!?)神戸に移籍していたマルキーニョス――近藤いつもの凡ミスからの展開で憤慨。直後にも増嶋パスミスからピンチを招くと、DFラインでは同様に鈴木大輔のいつも通りのフィードミスも目立つ。

前節の開幕戦同様レイソルのシュートが少ない展開だなと見ていると、24分に神戸カウンターからペドロ・ジュ二オール決定機はGK菅野ビッグセーブで安堵。ミスの連鎖が続くレイソル、次はハンのミスから神戸マルキ決定機も菅野が再度ビッグセーブ。

前半終了間際、この試合唯一と言ってもいいレイソルの魅せ場――レドミ(便宜上レアンドロと表記の使い分け)が良い位置で得たFKから橋本ヘッドで待望の先制点! それでも、その後さらなるロスタイムで近藤のクリアミスでピンチを招くなど、結局最後までドタバタな前半――全く話しにならない。

後半、韓国代表戦あがりのハンOUT→栗澤INでさっそく軌道修正。それでもなかなか良い形が作れないまま推移すると、レイソルDF陣の裏を簡単に衝かれて失点1-1。この神戸シンプリシオ→ペドロ・ジュ二オールのプレイ、ぎりぎりオフサイドにも見えたのだが……。

同点に追い付かれたレイソルは、増嶋OUT→狩野IN。右SBで先発だった鈴木大輔は中央の方が良いと思った一方、逆に増嶋が右サイドであっても良いのではなかろうか……!? 直後、その狩野がゴール前でヘディング決定機も、前節開幕戦同様またミスショットで逸機。

73分、マルキ超絶ぶれ球FKを菅野がまたもやセーブすると、そのこぼれ球は神戸の岩波ミスショットで幸運。

続く76分にもレイソルの幸運は、神戸シンプリシオの一発レッドで退場。このシーン、レイソルに相性の良いさすがの吉田主審もミスジャッジに見えたがどうか!?

数的優位に立ったことで一気にたたみ掛けたいレイソルは、レアンドロOUT→田中順IN。しかしこの日のレイソルは、数的優位な状況を生かすシーンもクオリティもないドロー。全く無味乾燥で盛り上がりにも欠け、見る価値の無い試合になり下がってしまった。

これで開幕2戦連続ドローとなり、次節はホーム・名古屋戦。ここで勝てないようでは、何か大変なことになってしまうように思えてならない……。

レイソル報満載!ブログ村 柏レイソル

miyanofu1204 at 22:25コメント(4)トラックバック(0)レイソル観戦記 

2014年03月02日

ACLが無いとう好材料(!?)もあってか、優勝候補の一角に再浮上したレイソルの2014シーズン開幕。日立台チケットゲットするも、所用によりスカパー!ライブ観戦。

2014・J1【第1節】
柏レイソル 1-1 FC東京(@日立柏サッカー場)


前半は試合の流れが一進一退する攻防。なかなかシュートが打てないレイソルであったが、見ていて堅実でまずまず。目を見張ったのはレアンドロ・ドミンゲスのボールタッチの感覚。全盛期のそれに近く、これはかなりコンディションが良いぞと確信して期待大。そのレドミ、前半終了間際の絶好位置FKは惜しくも枠外。

また同様に前半好印象は、共に湘南から新加入組の高山&ハン。プレイスタイルに鋭さを感じ、これは行けるのではないかという感覚がある。

スコアレスで折り返した後半早々、レイソル痛恨の失点。ゴールシーンは不運な形にも見えたが、直前のプレイではFC東京・新外国人エドゥーのポストプレイに完全に崩された形。その後も幾度かFC東京に決定機――菅野のファインセーブ等で何とか難を逃れる。またこれらのシーン、先の新加入組が守備的にもより機能できれば難なく防げるイメージもあったか。

開幕黒星だけは何としても避けたいレイソルは60分、狩野IN→鈴木大輔OUTで、高山が右SBへ。このネル采配は、高山>鈴木という意味合いもあるか。対人の強さが売りで昨季に新潟から移籍してきた鈴木大輔だが、フィードのミスは相変わらず散見で、いただけない。

ネルが動いたその直後、レイソルは工藤ゴラッソで同点弾。工藤曰く「ニーヤン(レアンドロ・ドミンゲス)とモンテーラ(新加入レアンドロ)」のWレアンドロ・コンビと工藤を絡めた攻撃陣は圧巻。特に、ニーヤンを最大限尊重しているように見えるモンテーラのスタイルが鮮烈で、これは今後の熟成に大いに期待できるな!

同点に追い付いたレイソルにとって、狙うはホーム開幕戦白星の逆転弾も、狩野が逃した2度の決定機に憤慨――彼には猛省を促したい。もう何度も書いているが、狩野のプレイスタイルは個人的に全く受け付けない。今季の趨勢を左右しかねない2度のミスショットに見えてならないのだが、どうか……。

それでも、追い付いた開幕戦ドローの勝ち点1は御の字。今後試合を重ねることで、攻守のバランスがより向上できれば充分にタイトルに手が届くことを確信できた2014シーズンの開幕であった。

写真


レイソル報満載!ブログ村 柏レイソル

miyanofu1204 at 01:18コメント(2)トラックバック(0)レイソル観戦記 

2014年02月26日

サッカー関連の面白い指導理論本がある――と職場の先輩に薦められ、くアマゾンでノータイムポチリ(即購入!)しようとしたところ、似たような内容の本も見付けてインスピレーションを感じ、ジャケ買い。

さっそく後者の本から読み進めてみると、これが面白いの何のって、グイグイ惹き込まれて一気読み。大きな刺激を受けました! という訳でまず先に読了したのは、前川崎フロンターレU−12監督である高康嗣著『自ら考える子どもの育て方』(東邦出版)。


世界で通用するサッカー選手育成を目指せ! 「自ら考える」子どもの育て方

内容は、挨拶に始まる一連のサッカーの指導を通して子どもの自立を促す観点が満載。いや言い換えれば、社会的な自立を促す観点を意識したサッカーの指導こそが技術の向上にも繋がるということ――そう捉えるための指導者側の観点は非常に勉強になる。

今回自分はあくまで指導者側の立場として本書を読んだが、上記の観点を意識するための思考をより研ぎ澄ます必要性に駆られ、また同様に(まるで指導を受けたサッカー選手のように!?)より高い目標の実現に向かってアプローチする必要性に駆られる。これは指導書どころか、「自分磨き」のための完全なる自己啓発本である!

また本書の構成は、サッカーライターの江藤高志氏。巻末の簡単な「あとがき」に、なぜ本書が編まれたのかが書かれており、これもなるほどと納得。サッカー観戦の観点から見ると自分はこれまでトップカテゴリーの真剣勝負にしか興味がなかったが、ユース以下の試合にももう少し視野を広げてみようかなという気にもなった。

なお手元には、前述した未読の指導理論本があと2冊。それらを読み比べながら、自分の思考をより高めていく作業もまた楽しみである。


子どもが自ら考えて行動する力を引き出す 魔法のサッカーコーチング ボトムアップ理論で自立心を養う


「叱らない」育て方 (PHP文庫)


miyanofu1204 at 02:05コメント(0)トラックバック(0)Book ReviewFootball 
Jog Note
Total Access
  • 累計:

      (レイソルカラーで!)

Please Click Blog Rankking !
にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
レイソル情報満載!【ブログ村】

blogram投票ボタン
ブログ成分解析【blogram】
Twitter
Archives



hitachi_link

reysol[1]

reysolantennabanner150_44[1]

kasiwa
banner-t[1]