2008年06月22日

6月22日(日)

昨夜のEUROでは、個人的にも大本命◎のオランダが敗れた。しかし、試合を観ていて全然悔しくなかった。悔しさも感じられないくらい、明らかな完敗であった……。

Quarter-Finals
オランダ 1-3 ロシア(@バーゼル/ザンクト・ヤコブ・パルク)

試合前のロシア国歌――やはり冷徹な曲調だが、それに反して選手の顔ぶれは、皆が若々しく、どこか新鮮だ。一方、もうお馴染みのオランダ国歌――今日もオレンジの大合唱だ!

試合は前半、ロシア優勢――思いのほか、軽快で洗練された攻め。スペイン戦を観ていたことを思わず忘れていたくらいだ。コロジンの強烈ミドルも凄い!

オランダは、右FKからファン・ニステルローイがあわやの決定機を逃す――徐々に試合が動き出す。決定機――やはりこの要因が試合を動かし、そして観る者の心を動かす!

前半はスコアレスだが、それなりに見応えのある攻防であった。後半のオランダは、ロッベンとファンペルシの投入が鍵となるだろう。

後半、そのファンペルシは最初から投入。しかし、オランダの効果的な攻めは激減。むしろロシアにいいように攻められる。後半のロシアのゴールは思わず納得してしまった――必然にも思えた。

しかもオランダは、後半18分に早くも3枚目のカードを切ってしまった。しかも投入されたのはロッベンではなくアフェライ――完全に暗雲立ち込めた雰囲気となる。

その後も攻撃の組み立てが全然できないオランダ――ファン・デル・ファールトはボランチまで下がってしまい、ファン・ブロンクフォルストも全然上がれない。スナイデルがただミドルを打ちまくるのみ! 諦めかけたムードを、一時はニステルローイが救うのだが!

延長戦に入った試合――結果的には、ロシアの攻勢ぶりをよりいっそう際立たせることとなった。アルシャフィンとパブリチェンコ――この二人は特に凄い!

今回のオランダの敗戦は、随所でいろいろと解説されている――ピークが早かった、コンディション云々等。それでもやはり、6試合を華々しく戦えるオランダが観たかった……。

さて準々決勝もいよいよ今夜が最後。スペインの中盤が、中央だけでなく上手く両サイドを使えれば、勝機はあるはず! というかここでスペインが敗れるようだと、僕の希望的観測は全て敗れ去ってしまう!

miyanofu1204 at 22:30コメント(1)トラックバック(0)Football 

2008年06月21日

6月21日(土)

Quarter-Finals
クロアチア 1-1(PK1-3) トルコ(@ウィーン/エルンスト・ハッペル・シュタディオン)

今大会、個人的には生放送では初めて聞くトルコ国家――やはりどこかアジアンチックで、EUROの舞台では異色だ。

トルコのGKはリュシュトゥ――懐かしい。02年日韓W杯の日本戦が、鮮やかに蘇ってくる。

さて試合は前半、トルコの方に何枚かのイエローカードが出る――これまでにも多くのカードを受けていたトルコの選手が、次々と次節出場停止になる。確かモドリッチも、ここまでに1枚もらっていたはず――準決勝のことも考えると、この試合のカードは禁物だ。

現地ウィーンは気温が高く蒸し暑い模様――消耗戦の様相を呈してくる。消耗戦――まさにトルコの得意とするところではないか。試合はクロアチアペースで進むもなかなか決定機を決められず、最後はノーガードの打ち合いのようになる。ノーガードの打ち合い――まさにトルコの得意とするところではないか!

延長後半終了間際、ついに1-0! トルコGKリュシュトゥが出過ぎたところを、モドリッチの素晴らしいチェイスから途中出場のクラスニッチがゴール!

終わった。「モドリッチの素晴らしいチェイス」――この言葉を書き、はたと取材用の(というほどでもないが)ノートを閉じる。しかしその後に、あんなとんでもないドラマが待っていようとは! ただただ呆然とするしかなかった。

モドリッチのPK失敗や、試合中は不安定な様子も見せていたリュシュトゥの好セーブ――もはや語る意味もないだろう。ただ、トルコが劇的に勝ちあがったのだ!

ラストプレイ前にかなわなかったクロアチアの選手交代――それを主審に躊躇させたのはトルコの最後まで諦めない気迫か。

クロアチアとトルコ――ドイツに勝てる要因を考えると、それはクロアチアのテクニックだと思っていた。しかし、このトルコのメンタリティの方がある意味面白いのではないか――今はそう思えるようになってきている……。



miyanofu1204 at 21:03コメント(1)トラックバック(0)Football 

2008年06月20日

6月20日(金)

午前3時半起床――もちろんEUROを観る。それも相当の意気込みで!

午前6時、どうしても試合の結果を受け入れられない。納得できない。どうしてドイツのあんなサッカーが、勝利のスポットライトを浴びることになるのか……。

シャワーを浴びて興奮を鎮め、午前7時には出張先へと出勤……。

Quarter-Finals
ポルトガル 2-3 ドイツ(@バーセル/ザンクト・ヤコブ・パルク)

終日、考えていた――なぜドイツのあんなサッカーが勝利するのか。

確かに、試合序盤のドイツの気迫、そして重厚な攻めは素晴らしかった。が、それだけではないか。ただそれだけではないか。その後のドイツは、何もしていないではないか。

ポルトガルのディフェンスが甘かったとも言える。しかしそれ以上に、ポルトガルの攻撃は軽快で多彩。決定機を作り出すアイディアも、ドイツよりも圧倒的に魅力的。前半のC・ロナウド→ヌーノ・ゴメス、後半のナニ→ポスティガ――この2つのゴールは試合を一気にヒートアップさせた。それでも勝てない……。

さらにはポルトガルには、ゴール前で決定的なシーンをはずした場面が2度ほどあった。流れを呼び込めなかったのか……。

しかしそれ以上に、この試合結果はヨーロッパサッカーの歴史の深さ、伝統の重さを感じた。やはりドイツはドイツであり、ポルトガルはポルトガルに過ぎないのであろうか。その差を覆すには、まだまだ長い年月が必要なのだろうか。

準々決勝1試合目にして、いきなり僕の興奮度が下がってしまった。このまま行くと、4試合目のスペインvsイタリアの結果も、自ずと歴史が証明してしまうのか。

歴史を変えるのは、オランダか、スペインか、はたまた新興国のクロアチアやトルコか。僕はそれが見たいのである。ヨーロッパサッカーの歴史を変えるようなスペクタクルを、僕はこのEUROに求めているのである!

miyanofu1204 at 21:00コメント(0)トラックバック(0)Football 

2008年06月19日

6月19日(木)

改めて、フランスvsイタリアの内容に失望する……。

さて今朝、さっそく試合速報をチェック――ロシア2-0スウェーデンの結果に驚く。まだ試合映像は見ていないが、「ヒディングマジック炸裂!」とでも言い立てるのであろうか!?

いよいよEUROも決勝T。個人的な展望は――。

.櫂襯肇ルvsドイツ
このブロック、ポルトガルは是非ファイナルまで進んで欲しい。C・ロナウドはまだまだ本領が発揮できる余地があるのではないか。ドイツはポドルスキの怪我の具合がどうか。またFWのマリオ・ゴメス――イタリアのトニと同じ雰囲気を感じる! とにかくドイツはいち早く消えて欲しい。

▲ロアチアvsトルコ
トルコサポーターの雰囲気を味わいたい。しかしそれ以上に、クロアチアのモドリッチがさらに脚光を浴びるよう期待したい。クロアチアのビリッチ監督のアクションにも期待!

オランダvsロシア
ヒディングは、母国相手にどんなてぐすねを引いて待っているのか――そんな論調も容易に想像できるが、今のオランダにはそんな物を簡単に跳ね返す力と勢いがある! 断然の優勝候補――その躍進を大いに期待したい!

ぅ好撻ぅvsイタリア
前述したドイツ同様、いち早く消えて欲しいイタリア! 決勝Tに入ったここからが強いイタリアという印象を過去の歴史は物語っているようだが、今の状態は明らかに死に体! 予選リーグで運を使い果たしたと捉えたい。今のイタリアなら、スペインに大いにチャンスがあるぞ! スペインのタレント勢の活躍に期待したい!

というわけで、セミ・ファイナル対戦希望カードは、ポルトガルvsクロアチア、オランダvsスペイン。贔屓のチームが劣勢に立たされると一気に興奮度が落ちるのだが、それでもここからあと7試合――完全チェックで大いに盛り上がるぞ!



miyanofu1204 at 23:00コメント(0)トラックバック(0)Football 

2008年06月18日

6月18日(水)

Group C
フランス 0-2 イタリア(@チューリッヒ/レツィグルント・シュタディオン)

いよいよグループC最終節!

フランスはアンリとベンゼマ――期待のツートップ!
イタリアはカッサーノとトニ――どこか重鈍な二人!

何とかフランスに勝ち上がって欲しいとの期待を持って観るが、リベリーが10分でまさかの負傷退場。その10分後にはイタリアにPKを与え、DFアビタルがレッドカードで一発退場――フランスはまさに、不運の波に飲み込まれてしまった……。

先制したイタリアはさらに数的優位にも立ったことで、ややルーズに。フランスが攻め立てるも、決定機には至らず――ベンゼマが一人輝く!

後半10分、他会場でオランダが先制――ここからイタリアサポーターが一気に盛り上がり、そのままイタリアを決勝T進出へと導いていった。

フランスはほとんど良い所なく、EUROの舞台から姿を消すこととなった(この試合リベリに変わって入った期待の若手ナスリなんか、プレイ時間わずか15分でまた交代だもんなぁ)。

これで決勝Tはスペインvsイタリア! イタリアは累積警告でピルロもガットゥーソもいない! 今のイタリアの状態を鑑みるに、スペインは大きなチャンスだ!

さらには、「死のグループ」を1位通過したオランダ。今日のメンバーだって飛車角落ちだったのに、それでもルーマニアを2-0! このままの勢いで突っ走ってもらいたい! 一つだけ怖いとすれば、準決勝でイタリアと再戦するケースか……。

明日は観戦はお休み。さあ次はいよいよ決勝Tだ!

miyanofu1204 at 06:14コメント(0)トラックバック(0)Football 
Jog Note
Total Access
  • 累計:

      (レイソルカラーで!)

Please Click Blog Rankking !
にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
レイソル情報満載!【ブログ村】

blogram投票ボタン
ブログ成分解析【blogram】
Twitter
Archives



hitachi_link

reysol[1]

reysolantennabanner150_44[1]

kasiwa
banner-t[1]