2008年06月27日

6月27日(金)

Semi-Finals
ロシア 0-3 スペイン(@ウィーン/エルンスト・ハッペル・シュタディオン)

個人的嗜好における今大会最後の砦、無敵艦隊スペインが2ndユニフォームで登場――カッコイイ! (フランスの赤い2ndユニフォームと併せて)是非レプリカをゲットしたい。

スペインは試合序盤、シャビやセルヒオ・ラモスの右サイドからの攻撃が目立つ――少し安堵する。それでいい。サイド攻撃を絡めて初めて、中盤での細かなパスワークも生きてくるのだ!

前半34分、セスクIN!(ただしケガでビジャがOUT……。) これでF・トーレスがワントップの4-1-4-1の形になる――スペインのパスワークがより流動的になる!

後半――スペインが圧倒的に支配する! 1-0、2-0、3-0! シャビ、グイザ(リーガ得点王!)、シルバ!

さらに特筆すべきはマルコス・セナの存在。前の試合(準々決勝)では攻撃面(強烈ミドル等)が目立ったが、この試合では守りが凄い! このコンディションなら、次もバラックを完封できるぞ!

スペインは攻守ともにほぼ完璧な試合運び――大会得点王をも目指すビジャの離脱は少し気掛かり。でも正直言って、F・トーレスとビジャがツートップを組む4-4-2の形よりも、セスクが入った今の形――4-1-4-1の方が圧倒的に良いぞ! このまま次のドイツも圧倒して欲しい――そう簡単に行かないのは分かっている。でも圧倒して欲しい!

ところで、この試合前の論調ではやはり「ヒディングマジック」というキーワードがネット上でも多く見られたが、試合中はその片鱗すら感じることもなかった。パブリチェンコや、特にアルシャフィン(バルサとの契約でもまとまってそれで安心してしまったのか!?)なんか全然見せ場なし。この試合に限っては、ロシアを語るに値するものはなかった。

もう一つ。我が尊敬するサッカージャーナリスト、杉山茂樹氏――今大会のスペインの中盤を、ここまで酷評し続けていた。
(http://news.livedoor.com/article/detail/3697082/)
さて、この試合、そして次のスペイン(まだ結果は分からないが)をどう評するのか――こちらも大いに楽しみである。

ちなみにこの観戦記亜気持ちはもちろん「5つ星」だが、敢えて「4つ星」とした。「☆☆☆☆☆」が並ぶのは、次の観戦記である!

もちろんスペイン!!!!!  

miyanofu1204 at 22:21コメント(0)トラックバック(0)Football 

2008年06月26日

6月26日(木)

あまりにつまらない試合だった。ドイツが勝つ試合――やはりそれは、「つまらない試合」と形容していいだろう。準決勝まできてこんな試合を見せられたんじゃ、たまったもんじゃないよなぁ……。

Semi-Finals
ドイツ 3-2 トルコ(@バーゼル/ザンクト・ヤコブ・パルク)

今日から残り3試合、WOWOWでの放送には、スペシャルゲストとして岡田武史監督がサプライズで登場。渡欧したニュースは知っていたが、まさかここに来るとは! 代表監督としての岡田氏は好きになれないが、解説者としてのそれは大いに楽しみである!

さてこの試合、ドイツの一方的な展開を危惧してはいたのだが、杞憂に終わる。が、それにしてもドイツは酷い状態。バラックなんか最後まで消えていた。満身創痍のトルコ相手に、全然戦っていなかった……。

ドイツの3得点もしょぼいものばかり。やはりリュシュトゥでは限界があったか。こうなってくると、やはり先のクロアチアvsトルコ戦の同点ゴールは事故だと捉えたい。あんな事故は、ユーロの、しかも準々決勝で起こってはいけない。その結果がこの試合のぶざまな内容だ。この試合にも見せた後半42分のトルコの同点ゴールは、一瞬観ている者をどよめかせはしたが、これまでのような「ミラクルターキー」の雰囲気はなかった……。

ちなみに今回の放送では、後半に中継が十数分途切れるアクシデントあり。つまらない試合にさらに輪をかけるような、こちらも酷い放送事故であった……。

こうなってくると、いよいよもって、無敵艦隊に期待するしかない。無敵艦隊にすがるしかない!




miyanofu1204 at 23:51コメント(0)トラックバック(0)Football 

2008年06月25日

準々決勝――4試合中3試合で、僕の希望的観測が崩れる。

こうなってくると、この準決勝もどこか悲観的になってしまう……。

理想はもちろん、スペインの優勝。逆に最悪のケースはドイツの優勝。

決勝がドイツvsロシアになり、ドイツが勝つというケース――これだけは是が非でも避けたい。しかし現実的には、今夜の準決勝――ドイツvsトルコは、ドイツの優勢は揺るがないないだろう。いくら「ミラクルターキー」とはいえ、現状では……。

となると、やはりスペインの躍進に期待するしかない。スペインがファイナリストに残ってくれないと、僕のここまでの観戦の努力が水泡に帰してしまう……。ロシアのサッカーも勿論面白い。しかし、ロシアサッカー界の現状(プーチンとアブラモビッチの影が見え見え)はあまり好ましいものではない。その辺も何とかスペインに断ち切ってもらいたいのである!

miyanofu1204 at 22:17コメント(0)トラックバック(0)Football 

2008年06月24日

6月24日(火)

EUROに夢中の今日この頃であるが、ここ最近の国内サッカーを振り返ってみると――。

まずは我らが柏レイソル。
FC東京との練習試合は1-3で敗戦――カポレにやられた模様。しかし、やはり気になるのはフランサの名前がなかったこと。どうやらキャンプ中の新潟経営大学との練習試合で、60分プレイしたものの負傷した模様――軽症であることを願う。いずれにせよ次の浦和戦は微妙だろう。フランサがいるのといないのとでは、国立に行く気合も違ってくるのだが……。

W杯アジア3次予選――日本はバーレーンを1-0で下し、グループ1位で最終予選へ進出。最後の内田のゴール――あんなしょぼいゴールは久々に見た。それに雄叫びを上げる巻――あまりに下らないシーンだ。

ネット上で、最終予選の組み合わせに関する幾つかの分析を読む――どうせなら、最悪の組み合わせになった方が良いのではないか。ヒリヒリするような戦い――そんなゲームを乗り越えて初めて、日本代表も成長できるのではないだろうか。

ちなみに、最近読んだ「Number PLUS」(文藝春秋)――EURO2008プレビューのコラムで、サイモン・クーパーがこんな事を書いている。

「欧州選手権のいちばんの長所は、ワールドカップを滞らせているような三流の国々に門戸を開かないところにある。そう、これは日本のことも指している。真実を言えば、アフリカやアジアがワールドカップの出場枠増加を求める根拠は人口統計にしかない。」

日本の多くのサッカーファンは、この様な論調をもっと知るべきだと思う。


miyanofu1204 at 23:53コメント(0)トラックバック(0)Football 

2008年06月23日

6月23日(月)

無敵艦隊、ついに難敵を撃破!!!

Quarter-Finals
スペイン 0-0(PK4-2) イタリア(@ウィーン/エルンスト・ハッペル・シュタディオン)

試合前の不安――果たしてスペインにも、ポルトガルやオランダ同様、前の試合のターンオーバー制の弊害はあるのか!? 序盤の選手の動きを見るに、その影響はなしと判断した!

それでもスペインは、これまでの試合と同じように中盤でこねくり回しているような印象も受ける。それとも、「蜂のひと刺し」を狙っているのか!?

対するイタリアは、ピルロ、ガットゥーソ、そしてあの憎きマテラッツィもいない――泥臭さがなくクリアな印象。おかがで、最後までクリアな試合が展開された。

スペインは後半14分、期待のセスク登場――ゲームが動き始める。カシージャスのスーパーセーブあり、ブッフォンの手からこぼれたボールがゴールポストへというシーンもあり――久々に手に汗を握った!

試合はPK戦へ――共にキャプテンとなった両GKの表情が対照的。やや表情が強張っているカシージャス、余裕(のふり!?)を見せるブッフォン。

そして、このところのPK戦(UEFAチャンピオンズリーグ・ファイナルの時もそうだった、そして先のクロアチアvsトルコ戦の時もそうだった!)で、僕が特に注目しているシーン――PK戦の趨勢を左右するといっても過言ではないシーンが訪れる。

主審のヘルベルト・ファンデル氏(オランダvsフランス戦も裁いたドイツ人ピアニスト)が、コインをトスする。アディダスのコインが、黄色いマークを見せる。主審が、スペインサポーターの待つゴール側を指し示す――スペインサポーターから大歓声が上がる! 

決まった! この瞬間、スペインの勝利は半ば約束されていたと言っていい!!

落ち着いて決めるスペインのPK職人・ビジャ。ことごとく読みが当たるカシージャス。対して、逆をつかれてばかりのブッフォン――やはり流れはスペイン。そして最後はセスクが冷静に試合を決めた!

ついに突き抜けたスペイン! 一気に頂上まで駆け上がる勢いを得たぞ!!

久々に清々しい気分の朝――久々に気持ち良く出勤する。 

miyanofu1204 at 23:41コメント(0)トラックバック(0)Football 
Jog Note
Total Access
  • 累計:

      (レイソルカラーで!)

Please Click Blog Rankking !
にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
レイソル情報満載!【ブログ村】

blogram投票ボタン
ブログ成分解析【blogram】
Twitter
Archives



hitachi_link

reysol[1]

reysolantennabanner150_44[1]

kasiwa
banner-t[1]